So-net無料ブログ作成
検索選択

こんな絵を描いてみた [習う]

色鉛筆画講座の先生から
001.jpg
この↑ウサギの絵を描いて、色を付けてきなさい、という宿題をもらった。

面白そうな宿題だったので、家に帰って早速取り掛かる。

漫画ちっくな絵は苦手意識があったけど、
描き方のコツを知ると、そこそこバランス良く描けるようになった。
002.jpg
(ちょっと練習して・・・)

そして、できあがり。
003.jpg
リアルな感じで色を付けるように言われていたので、
それっぽく見えるように仕上げていくのは楽しかった。

こういう(漫画っぽい)絵を描いたのは初めてだし、描けるとも思ってなかったので、
初めてにしては良く描けたんじゃないか、と思う(笑)。

こういう自分で関心が無かったことでも、先生にチャレンジする機会を作ってもらい、
面白さを知ることが出来て、先生にはすごく感謝している。

そうそう、何週間か前には
010.jpg
こんな本を私に貸してくれた。
(日本語と英語が併記されている日本人イラストレーターが書いた本)

私の為にこういう本を用意してくれたことが嬉しくて。。。

でもこの講座も来週で終わり。

先生はいつも私の絵を楽しみにしてくれているので、
最終日までにたくさん描いて、先生に見てもらおうっと。






nice!(1)  コメント(1) 

語ります [アメリカ暮らし]

今日は、原ジャパン優勝の余韻に浸ろうと、
ネットでニュースを読んだり、胴上げ後の映像を探して見ていた。

世界一になった原監督の笑顔を見れて、ファンとしてこんなに幸せなことはないですよ。


  * * * 

実は、WBCの監督を原さんが引き受けたときは、
こんな素晴らしい結果が待っているとは、実は想像してなかった。

北京五輪で監督さんがいろいろ言われてしまったことで、
今回のWBCの監督は相当なプレッシャーになるだろうし、
もし優勝を逃したら、監督への非難はこれまで以上だろうと思い、
そんな状況の中、原さんが引き受けたことは、
ファンとして心配でたまらなかった。
原さんの現役時代のバッシングが記憶に残っている私としては、
そんな光景はもう見たくなかった。 

  *

それが、
サンディエゴの球場に立った原監督を見て、
そしてキューバに勝ったことで、
私の心配は取り越し苦労だったと思えた。

そして、
アメリカの地で、ユニフォームを着た原さんを見れただけで
私はもう十分満足していたのだった。

  *

でも、
次の韓国戦で負けたことで私もようやく目が覚めた。

このままじゃ、私の心配が現実になっちゃう。
勝たなくちゃダメなんだ、世界一にならないとダメなんだ、って。

準決勝進出をかけたキューバ戦からは、
どんなピンチでも不安や悪い予感は一切封印。

攻撃の時はヒットを打つのをイメージして、
守りの時は一球一球空振りをイメージしながら、祈るように応援。

決勝戦の最後までこれで通したけど、
こんなに疲れる応援は初めてだった。
それは、試合展開のせいじゃなく、
たぶんここまで真剣に勝ちにこだわった、勝利を信じた応援をしていなかったんだと思う。

原さんが監督を引き受けてくれたから、
私もここまで夢中になれたし、
日本チームは、名前も顔も知らなかった選手がほとんどだったけど、
みなさん素晴らしくて、惚れ惚れした。

応援するのは体力的に(精神的にも)限界にきてるけど(笑)、
これで終わりなのが寂しいくらい。


大好きな野球でこんなに楽しめて、幸せな数日間だった。

原監督、選手の皆さん、ありがとう!!






nice!(1)  コメント(1) 

原ジャパン 世界一 [アメリカ暮らし]

ジャパン 世界一おめでとう!!!

ほんとに苦しい戦いだったけど、

選手全員、粘って勝ち取った素晴らしい勝利。

私も諦めないで信じ続けてよかった。


夢に見た原監督の胴上げ。・・・は、ちょっと呆気なかったけど、

日本二連覇!最高だね!!






nice!(0)  コメント(0) 

WBC アメリカ戦 [アメリカ暮らし]

力入りすぎて、もうフラフラです。

明日はようやく決勝戦。

監督と選手を信じて、応援するのみ!




nice!(0)  コメント(0) 

WBC 韓国戦 [アメリカ暮らし]

よし!

次は日曜日。

二日間休めるのね。

はぁ~、肩こったぁ。

さぁてと、もう寝なくちゃ。


nice!(0)  コメント(0) 

色鉛筆講座へ [習う]

今日の講座の半分は、
アーティストを招いてのトーク。

筆記具メーカーSANFORD社の社員?でもあるようで
PRISMACOLOR色鉛筆の製造過程や、使い方、簡単なテクニックなどを映像で紹介し、
画像 022.jpg
これらの画材を私たちにくれた。
さらに抽選で色鉛筆やパステルのセットを数人にプレゼント
これが結構立派なものだったので、私も欲しかったのだけど、
くじ運まるで無しの私は当然当たらず・・・

今日はさすがに眠かった。
二日続けて睡眠時間4時間は辛いヮ。




nice!(0)  コメント(0) 

WBC キューバ戦 [アメリカ暮らし]

よかった。よかった。

ほんとうに良かった。


初回の日本の攻撃が終わったときは、
泣きそうになったけど・・・。

何度か心が挫けそうになったけど・・・。

でも、今回は私も諦めなかったよ。

勝ってくれると信じてたよ。


よぉーっし、次だ、次!




nice!(0)  コメント(0) 

WBC 韓国戦 [アメリカ暮らし]

はぁ~~~、つっかれたぁ~。

もう2時半過ぎだよ。
すぐにベッドに入って寝たいところだけど、
寝付けるような気分じゃないよ、まったく。

短期決戦だから、もう今日のことは忘れて
次頑張るしかないな。・・・なーんて他人事だから言えるけど、
私なら絶対引き摺ってしまう。

原監督、このまま終わらないですよね。
このままじゃあまりに・・・

ネガティブ人間の私だけど、
今回ばかりは気持ち切り替えて、次また応援するぞ。

よしっ、寝るか。




nice!(0)  コメント(0) 

WBC キューバ戦 [アメリカ暮らし]

やったー!勝ちましたね!!

次は韓国戦。
キューバ戦より大変だろうけど、ぜひとも頑張ってほしい。

   * * * 

今日は午後4時からテレビ観戦してたのだが、
出場している選手はほとんど分からず、4番の選手も「この人誰?」状態。

そんな、私の中ではイマイチ盛り上がりに欠ける日本チームで
私は何に注目していたかというと、、、

もーちろん、原監督。

ずっと昔、巨人ファンであり、特に『4番サード原』の大ファンであった私。
(同じ時代の巨人選手はみんな好き。もちろん篠塚さんも)

私の目には、サンディエゴの球場に立った原監督は
カリフォルニアの眩しい太陽に負けないくらい、とても輝いていた。

野球選手にとって、アメリカは特別だろうし、
選手としてでなくても、監督として、日本代表チームの指揮官として
アメリカで野球が出来るというのは、幸せなんだろうなぁ。

戦いを目の前にして、原監督がそんな感慨にふけることは無かっただろうけど、
テレビを見ながら私は、
あの球場の鮮やかなグリーンの芝生、眩しい日差しと青い空は、
野球をするには完璧なシチュエーションだし
原監督にはとってもお似合いだわ!と、
ひとり興奮しておりました。


野球って、太陽の下で見ると楽しさ倍増だと思う。
私も同じ場所で応援したかったー。


日本が世界一を掴むまで、
テレビの前でしっかり応援しなくちゃ。


ところで、
バックネット裏にいた、野球観戦に似つかわしくないかなり怪しい格好で
スピードガンを持ってた人は誰?
スカウトなのか?
格好がやけに気になってしまった。
あの人、韓国vsメキシコ戦でも同じ場所にいたヮ。




nice!(0)  コメント(0) 

公園で歩く [アメリカ暮らし]

2009031501.jpg
ステイトパークで今年初めてのウォーキング

長い長い冬も終わりに近づき、
外に出て運動でもしようか、と思える気候になってきたMichigan。

2009031502.jpg
でも、頭上が葉っぱで覆い尽くされる季節はまだ数ヶ月先。

春も来てないのに、もう初夏の頃を想像してしまうのは、
あまりに冬が長すぎるせい。
何ヶ月も寒い時期を耐え忍んできた私の体内時計!?はもう初夏くらいの感覚なんだ、きっと。


    * * * 

画像 002.jpg
今年もグースたちが来てます。
画像 003.jpg




nice!(0)  コメント(0) 

1泊2日New York の旅 [遊ぶ]

昨晩、今回の旅の目的を果たしてしまったので、
今日は何も予定なし。

特にしたいことも無かったので、
メトロポリタン美術館でも行ってみるか、と。(すごい消極的な・・・)

気温が高めで天気も良かったので、
散歩がてら美術館まで歩いて行くことにした。

通りを歩く人達は、意外にも着込んでいる人が多かったが、
私たちはコートを脱いで手に持って歩いた。
冷たさのわずかに残る風が心地良く感じるくらい、
超寒がりな私もMichiganで結構鍛えられたみたいだ。


ny20090305.jpg

ny20090306.jpg
床にぺたんと座って思い思いにデッサンしている学生?たち。

メトロポリタン美術館は展示数がほんとに多くて、私たちは半分周るのがやっと。

美術館で絵画鑑賞なんて久しぶりだし、
色鉛筆画を習っていることもあって、今までとは少し違った見方もできて、
もっとじっくり観たかったのだけど、
時間はあったものの、ふたりとも歩き過ぎで足が限界に・・・

普段ほとんど歩かないから、足はすっかりなまっているし、
さらに履き慣れない靴だったので、足がかなり痛くなってしまって、
靴を脱いで裸足になりたかったくらい。

美術館ですでに限界を超えていた私たちの足。
それなのに、それなのに、
地下鉄に乗るつもりが場所を勘違いし、見つからず、
美術館から1ブロック東のMadison Avenueを歩き始めたら通りの雰囲気が良くて、
帰りもとうとう美術館からロックフェラーセンターまで
痛い足を引き摺りながらも歩いてしまった。

ny20090307.jpg
もうこれ以上動けないー、ってことで、
ベンチに座り、しばし休憩後、
タクシーを拾って空港へ向かった。


1泊2日のNY旅行、無事終了。






nice!(0)  コメント(0) 

1泊2日New York の旅 [遊ぶ]

ダンナの気まぐれにより、急きょ実現した2度目のニューヨーク

今回の目的はミュージカル“ MAMMA MIA ! ”を観ること、のみ。

そして夜の7時半頃、劇場へ。
ny20090301.jpgny20090302.jpg

ブロードウェイのマンマ・ミーアはウケ狙いの下ネタが多くて、
観客&ダンナは大笑いしていたが、
マンマ・ミーアの映画版がすっかり気に入ってしまった私にはちょっとねぇ・・・。

でも、最後は総立ちで“Dancing Queen”と“Waterloo”を唄い、
大盛り上がりで終わった。


映画版のDVDを観て再びミュージカルが観たくなり、
いつかもう一度ブロードウェイでミュージカルを観れればなぁ、と思ってはいたが、
こんなに早く実現するとは。

ダンナが2月下旬に突然「NYでマンマ・ミーア観るぞ」と言ったのが切欠なわけで、
“思い立ったが吉日”を地で行くダンナがいなけりゃ
私のペースだと実現なんていつになることやら。そのうち、そのうち~ってね。

まあ、その思い付きを実行させるために色々と手配をするのは私なわけで、
どっちが大変なんだか・・・絶対私のほうだと思うけど!
でも、楽しめたのだから感謝ですな。




nice!(0)  コメント(0) 

アメリカ漫画 [習う]

200902 001.jpg
かなり年季の入っている本。

これ、色鉛筆講座の先生の私物で、
人物などを描く際のバランスなどを勉強するようにと、
特別に私に貸してくれたのだ。

この典型的なアメリカ漫画って感じの絵が描かれた表紙!すごくいい!!

子供の頃によく『トムとジェリー』とか『ポパイ』などのアニメを見ていて、
それらのアニメを通してアメリカという国を想像していたので、
こんなアメリカ~ンな絵を見ると、当時子供心に感じたアメリカが蘇る。
日本のアニメを見るのとは違う感覚でアメリカのアニメを見ていたなぁ・・・。

200902 002.jpg
200902 003.jpg
表紙をめくってみると、
人物や動物の動きが独特な、いかにもアメリカ~な絵がいっぱいで
見てるだけで楽しい。

200902 004.jpg
口の動きはやけに細かい(笑)


画像 011.jpg画像 013.jpg
練習のために借りたので、いくつか真似して描いてみたけど、
やっぱり描きなれていないので、どうもぎこちなくなってしまう。
そもそも頭部を描く初めの一歩の円形を描くのさえ難しい。
これがサササッと描けるようになるまで練習、練習なんだろうけど。

色鉛筆画でアメリカ漫画に触れるとは思わなかったし、
漫画を描きたいと思ったことも無いけど、
真似して描いた犬の絵はそれっぽく描けて、ちょびっと嬉しいっ。





nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。