So-net無料ブログ作成

ミラクル??? [アメリカ暮らし]

ESLで知り合ったお友達が帰国するので送別会(=ランチ&おしゃべり)をしました。
場所はウチ。
ということで料理はもちろん私が作ることに。

料理が苦手な私としては、気が重くてずっとブルーでした。
友達のために頑張りたい!だけど、果たして私に何ができるのでしょう???
人数は私含めて女3人+お子ちゃま1人だけなのですが
直前まで何を作るかまったく決まらず、かなり焦っておりました。

お昼ごはんなので、昼間っから和食でどっさり、というのも
重いかなあ、とあれこれ考え、
料理本やネットで探して、ようやく決定。
自分の食べたいものを選んだら
スモークサーモンのマリネ、オニオングラタンスープ、
ほうれん草とベーコンのキッシュ、冷たいトマトのパスタ、という具合に
なりました。
(それからスーパーでパック入りグリーンサラダを購入)
デザートはお友達にお願いしました。

決めたのはいいが、作ったことの無いものもあり
しつこいですが料理苦手な私には少々無謀とも思える品々なわけです。
が、あえて挑戦してしまいました。

結果は、、、
自分で言うのもなんですが、パ~フェクト!だったのです。
(証拠写真が無いので、ここは大袈裟に言っとこう)
お友達も私が作ったことにかなり驚きながらも、美味しい!と言ってくれました。
デザートをお友達にお願いしたことで私も無謀なチャレンジができたのかも。
少々失敗してもシメのデザートがばっちりなら、と。
もちろんデザートはとっても美味しかったです!

夕食時、和食より洋食が好きなダンナにパーティーで残ったものを出したら
案の定、「おいしいおいしい」と言って食べてました。
(和食ではめったに言わないのです)
と、ここまでは良かったのだけどボソッと
「こーゆーの、もっと作って。最近、おかずが納豆とブロッコリーだけとかじゃん」
と言うではないですか。

ちょ、ちょっと、何てこと言っちゃうかなぁ~。
“納豆とブロッコリーだけ”なんて、私の朝食では有りえるけど
さすがにダンナにはもうちょっと食わせてるよー。
和食があまり好きではないから記憶に無いだけだと思うんだけど。
でも最近手抜き、というか料理のレパートリーが少ないために
夕食を作ることに限界を感じていました、ハイ・・・。

・・・まあ、普段がこんなレベルですから
今回のパーティーは私にとってはホントにミラクルであったわけです(笑)
今回のような料理、次回いつ作るか(作れるか)わからないけど
ダンナはこの手の料理のほうが和食より喜ぶのは間違いないので
時々チャレンジしてみるかなあ・・・???




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マイッタ~ [アメリカ暮らし]

しばらくの間、体調不良でした。
何が原因か分からず、なんとなーく調子が悪い状態が続きました。
今は復活しましたが、一時食欲が無くなったときは
アメリカ生活も限界か、と思いました。

ちょうど、ダンナの日本出張(6月)が決まったときで
ダンナには「日本に帰ったらおまえは即病院行きだ」と言われ、
私のほうは『日本行きまで体が持つか?』というくらいバテてました。

今思えば、様々な疲れやストレスがあったことと
一番の原因は水分の取りすぎで、胃腸やその他諸々の働きが
弱ってしまったのではないかと。

私は元々水分代謝が悪いので
よく水をたくさん飲んだほうが良い、というのだけど
私の場合、飲んだ分が排出されず体に溜まってしまうのだと思います。
そういう人は飲めば飲むほど体に悪く、
“水毒”という状態になってしまうそうです。

気温が上がり始める春頃から、普段より水分を取る量が増え、
さらに暑いと冷たいものをがぶ飲みしてしまっていたので
体は冷え、水分が溜まり、食欲不振やだるさなど様々な症状が出たのだと思います。

それに気付いてからは水分摂取を減らし
温かい飲み物にさらに生姜の絞り汁を入れたり(←生姜はかなりいいらしい)
体を温める食べ物を摂るようにし、
今までシャワーだったのを半身浴にして、さらに週末には散歩したりして
汗をかくようにしたら、体の調子が戻ってきました。

もうすぐ一時帰国しますが
今回はのーんびりゆっくりしてこようと思ってます。

アメリカ生活限界・・・と感じたときに初めて日本食が恋しくなりました。
体調も戻ってきたので日本で美味しいものをたっぷりと食べてこようっと。

―美味しいものって言っても、今私の頭にあるのは
  コンビニで売ってるデザートだったりするのですが(笑)




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

怖かったよ~ん(涙) [アメリカ暮らし]

昨晩、雹を伴った激しい雷雨に見舞われました。

昨日の夜11時ちょい前、突然ゴロゴロという音が聞こえ始めたので
日本のテレビ番組を録画したビデオを見ていた私達はそれを止めて
テレビのチャンネルをローカル局に変えてみました。(状況確認のため)

そしたら、すでに大変なことになっていました。
この街の周辺でサンダーストームが大発生していて
いたるところで雹が降っているとのこと。それもテニスボール大くらいのものも。
そして、それが我が家のほうに近づいていました。

テレビ画面では、ウチから1キロも離れていないところが
すでに大雨で道路には水があふれているような状況でした。
そんな状況に一時不安になったものの
まったく静かな我が家周辺。
このまま雨も降らずに終わってしまうのか、と
芝生のためには雨が降って欲しい、とも思っている私達は
少々がっかりモードになっていたら・・・

来ました、突然。

もの凄い音と共に、雨がドバーっと。
そして数分後、さらに凄い音を立てながら
雹が降ってきました。
家のガラス、壁などいたるところに雹がぶち当たり
バチバチバチッと、それはそれは激しい音を立てるので
もう怖くて怖くて・・・

玄関灯に照らされた玄関ホールに吹き込んでくる雹は
1cm以上あるように見えましたが
雷が通り過ぎたあと、確認しようと玄関を見たらもう無くなっていました。

約1時間、雷雨と雹のあまりの激しさに寝るに寝られず
キャンドルの灯りの中でじっとしていましたが、
私、半分涙目でした。
日本でも雹は経験したことが無かったので
こんな恐ろしいとは思いませんでした。
窓ガラスが割れなくて良かったです。
それと、ダンナがいてくれてホントよかった。

ダンナが出張などで不在のとき、
緊急時、自分ひとりでどうするか、を
きちんと考えておかねば、とつくづく感じました。




nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。