So-net無料ブログ作成

英語学校(昼の部)5回目 [英語のはなし]

教室に入り、携帯電話をマナーモードにしようと思ったところに
電話がかかってきた。
ナンバーが表示されているだけで名前が表示されていない、ってことは
私の知らない人、間違い電話かな?と
恐る恐る「ハロ~?」と言ってみると
「ハロー、○○○(私の名前)?」と相手。
なぜ私の名前を知っている?と思いながらも「イ、イエス」と私。
「私、△△△だけど」と相手が言ったのだけど、周りがうるさくて聞こえず。
ひょっとしてあの(何度も電話すると言った)彼女かなと思い、
聞きなおしたのだけど、それでも聞き取れなくて分かったふりしちゃったら
「あなた、今どこにいるの?」って言うから
「あー・・・、学校にいます」と言ったら
「学校にいるの?オーケー、じゃあねー」という感じで相手が言ったので
会話本にあった“電話を切るときの一言”「電話ありがとう」をとりあえず言って(笑)
電話を切ったのだけど、うーん、誰だったのか。

・・・あの彼女だとしたら、声が普段と違ってかなりかわいく聞こえたんですよね。
普段はだいぶ低い声でハスキーなんです。
さらに見た目も迫力があって、雰囲気がロック歌手のよう。
あの、葛城ユキ(昔、ボヘミア~ンって歌ってた人)にかなり似てるのー。
だから、その彼女に「電話するから」って言われると
「アンタ、電話するから待ってなよ、ヨロシクゥ」っていうような感じに聞こえるんです・・・

授業が始まり、あの彼女はちょっと遅れて教室に入ってきた。
休み時間になり彼女が私のところに来て笑顔で
「(約束どおり)あなたに電話したわ」と言ってくれたので
電話の主が彼女だと分かったのだけど・・・、
約束は忘れていなかったのねぇ。
私の方がもうその約束を忘れていました。

約束を何度も忘れられたときは呆れたけど
今日電話をくれたのでなんだかすごく嬉しくなってしまった。

『なんだ、いい人じゃん』って。

でも、なかなか行動が読めない人ではあります。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ダンスをしました [体験]

私の友達ベッキーが毎週金曜日にダンスの教室に行っていて
前々からベッキーに「行ってみない?」と誘われていたので
今日、日本人のお友達も誘い3人で行ってみたのです。

彼女の説明だと、そのダンス教室はお年寄りばかりで
古いアメリカンミュージックにあわせて踊るんだそうです。
ラインダンス?!(*)とかって言ってました。

ダンスにあまり興味の無い私は、
ダンスをしに行くというより、日頃の運動不足解消のために試しに行ってみよう、と
軽い気持ちで出掛けたのですが、

これが、“超貴重な体験”でした!!!

ダンスをしに来ているのは本当におじいちゃんおばあちゃんばかり。
その中に私達が入るっていうのは自分では違和感アリアリ。
初めて見たダンスホールはちょっと古く、板張りの床に壁にはミラー、
柱にはイルミネーションが巻かれていて、ちょっとノスタルジ~な感じが・・・

受付で3ドル払い(毎回3ドル)、ホールで待っていると
次から次へおじいちゃんおばあちゃんがぞろぞろと入ってくる。
でも皆ダンスをしているせいか、姿勢も良くて、元気いっぱい!
服装もジーンズのジャケットを格好良く着ていたり
中には黒の上下でシャツにはシルバーの星柄がたくさん入っていて
それに合うようにベルトも派手目にばっちり決めて、
まさにテキサン(テキサス人)って感じの女性も!

いよいよダンスが始まり、講師のおじいちゃん(笑)のステップを見ながら
同じように動・・・うご・・・動かないんです、自分の足が。
簡単そうに見えて結構難しくって足がもつれちゃったり
体がフラフラしたりと、周りのお年寄りに比べて全然若くない私達。
ステップを一通りやったら音楽に合わせて踊るのですが
これがまたなんだか恥ずかしくて恥ずかしくて・・・
ベッキーは当然、ノリノリで踊っていました。

私達の目から見たらこの場にいる自分達はとっても浮いているように感じるのだけど
周りのお年寄りの目にはそのように映っていないのか、他人が気にならないのか、
とにかくただ楽しそうにダンスをしていました。
この場に私達みたいな若者(?!)を連れてきたベッキーはやっぱりスゴイ。
ベッキーの目には、全然違和感無いのだろうなあ、私達。

ダンス教室は1時間半。
始める前はぜーんぜん余裕と思っていたのに、
踊りだしたらすぐに足のももの部分が痛くなり、
1時間を過ぎた頃には、私達は休憩時間にお年寄り達より先に椅子に座っていました。

途中、みんなでサークルを作り、フォークダンスもしたのですが
フォークダンスなんて中学以来でしょうか?
パートナーが次々と変わるんですけど、みーんなニコニコしながら踊っていたので
私も嬉しくなってかなーりニコニコしながら踊りました。
この頃にはもうすっかり楽しんでいました。
おじいちゃんとも手をつなぎ一緒に踊って、
なんだかわからないけど“あったかーい気持ち”になりましたよ(笑)。

休憩時間は細かくありましたが、1時間半ダンスをしたらかなり疲れました。
結構いい運動になります。
体にもいいし、ダンスのステップを覚えれば、お祭りとかいろんな場所で
地元の人たちと同じように踊れる、と思うと、
ちょっとやってみちゃおうかな?と思えてきました。

日本人のご年配の方も数人いらっしゃったのですが
ダンスは上手だし、みなさん明るくて優しい、素敵な方ばかりでした。

ベッキーが誘ってくれなかったら、自分ではこのような場所へ行くことはなかったと思います。
彼女のお陰で素晴らしい体験が出来ました。
彼女が、
「ダンスをしているときは楽しいから、みんな辛いこと、悲しいことを忘れられる。
お年寄りで夫がいなかたり妻がいなかったりするけど、
ここに来てみんなと話して楽しくダンスすれば、元気になれる」というようなことを
言いました。

それから前に彼女に言われたことなんですが
「もーすけも私もひとりで家にいると退屈だから、学校行ったり、ダンスしたり
たくさん人と話したりするほうがいいの。日本にいる親は子供のことを心配しているのよ。
何もしないでいると日本に帰っても親に話すことが何もないし、あなたの中も空っぽだけど、
いろいろやってみたり経験すると『こんなことした。こういうこともした』と
親に話せることがたくさんできて、あなたの中もいっぱいになって親もすごく喜ぶの」。

こういうことを私に教えてくれるベッキーと知り合えて
心から嬉しく思うし、今日も貴重な体験が出来て彼女に感謝。

本当に素敵な時間でした。

(*)ラインダンスとは
カントリーラインダンスのことで、アメリカンカントリーミュージックに合わせ
碁盤の目のように列を作ってパートナー無しでひとりで踊るダンス。
それぞれが同じステップで踊る。
全員が輪になって踊るダンスはフォークダンスではなく、ミキサーダンスというらしい。
アメリカでは最近は中高齢者のエクササイズとして取り入れられている。
日本では今現在、男女ともにブームになっているとか???
調べたら、日本全国にカントリー専門ライブハウスとかがあるんですね。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

英語学校(夜の部)2回目 [英語のはなし]

初日のスッタモンダで今日はどうなるのだろう、と少々不安だったのだけど
前回私を拾ってくれた(笑)クラスで授業を受けることが出来、ホッとした。

クラスメイトは15人前後。
女性が多い昼と違ってやはり仕事帰りだと思われる男性が多い。
文法の勉強をしていてもみんなよく分かっているので
授業が中断することがあまり無い。
クラスの雰囲気も落ち着いていて、結構居心地いいかも!

授業中毎回一度はconversationの時間があるようで
初回はレストランでの会話を二人一組で接客係と客になって
みんなの前に出てやった。
今日は様々な質問が書かれた用紙を見ながら
クラスメイトのひとりが誰かにその中のひとつを質問して、
聞かれた生徒が答える、というもの。
質問に答えたら今度その人が別の人に質問、というふうに
どんどん交代していくのだけど、
おばちゃんが質問を受け、質問するほうにまわったら
次から次へいろんな人に質問しちゃって
途中で先生に「次、交代ね」と言われてました。
暴走しちゃう人はどこにでもいるのね・・・。

このクラスでの授業も昼と同じく楽しく受けられそうな予感。
よし、今年は気合を入れて頑張るぞぉーーー!





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

英語学校(昼の部)4回目 [英語のはなし]

現在完了、過去完了、未来完了とさらにその進行形、と
日本語で勉強してもちょっとややこしいものを英語で習ったのだけど、
私達のクラスの先生は教え方がうまい!
非常に分かり易くて、授業が楽しかった。

実際に使えるか、っていうとそう簡単にはいかないのだけど
中学で現在完了などを勉強したときより深く理解できた気がする。
(もぅ、何年かかってるんでしょうか・・・)

ただ、present perfect(現在完了)だとかpast perfect continuous(過去完了進行形)とか
聞き慣れていないものだから、頭の中がごっちゃごちゃになる。
それでも授業が、英語が楽しい!って思えたことがちょっぴり嬉しかったなぁ。

 * * * * * * * * * * * *

今日はあの何度も『電話をかける』と私に約束した彼女は来ませんでした。
昨日の夕方、電話がかかってきそうに無かったので
私のほうから彼女に電話をしてみたのですが、応答がありませんでした。
私的には一応行動を起こした、ってことでこれでスッキリ。
次回、彼女が私の顔を見たら何て言うんでしょう。
ひょっとして私の顔も忘れたかもしれませんね~。




nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

英語学校(夜の部)初日 [英語のはなし]

昨年まで受けていたESLの授業を今年も引き続き受けるのですが
家の近くの高校で夜に授業があるのを知り、
時間と場所を変えました。
その変更を電話でしたので、ちゃんと変更になっているか
かなーり不安でした。

しかし、私の受けるレベルは1&2で、だいぶ慣れてきたこともあり
余裕で教室に行きました。

が、その教室にいた先生は
私が夏頃初めて行ったESLで担当だった人。
その先生の授業はつまらない!の一言。
生徒の話もあまり聞かず、一方的に喋るだけ。
またその先生に当たってしまうなんて最悪。

そしてさらに悪いことに、
やはり私の名前が名簿に無かった。
ここからが本当に最悪。
いくら説明しても分かってもらえず、先生の言うこともさっぱり分からず
「わかりません」と言ったらフンっと鼻で笑われ
「簡単に言ってるんだけどねぇ~」と呆れられた。
さらに「ここはレベル1&2だからあなたは他のクラスだ」と言いだした。
「私はレベル2なんです」と言っても聞く耳持たず。
相手にしたくなかったようで、廊下に出て他の教室を指差し
「あそこで話してみなさい」と言われた。

登録のし直しなのか?と、受付でもあるのだろうと思ったその教室へ行ったら
なんと別のクラスで、授業中。
先生に廊下に出てきてもらい、ここに来た理由を説明をしたら
「中へ入りなさい」と。
このクラスにも私の名前はもちろん無かったのだけど、
全然問題なく席に着いて授業を受けることが出来た。

しかし、ほっとしたのも一瞬で
授業が始まってすぐに私は固まってしまった。

クラスメイトみーんなベラベラ喋っているのですよ。

『このクラスって・・・?』

自分の置かれた状況が分からないし、英語も分からない、で
私の頭の中、?だらけ。
でも私のレベルよりはるかに高いクラスであることは確か。

結局訳が分からぬまま、授業終了。
授業後先生に「次回もこのクラスに来て良いのでしょうか?」と聞いたら
「もちろん。あなたはこのクラスでいいですよ」と言ってくれたのですが・・・。

次回、私のレベルが分かったらクラスが変更になってるかもしれないけど
出来ればこのクラスで授業を受けたいなあ。
ノンキな自分でいられないくらいの状況が
今の私には必要な気がしたのです。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

英語学校(昼の部)3回目 [英語のはなし]

このクラスは授業内容が濃いので、2時間半やると結構疲れる。
今日は会話よりも文法中心の授業だったが
いきなり時制の勉強だったので、今までとはだいぶ違うなあ、と思った。
英語で勉強するのはちょっと難しいし、
みんなよりは理解するのも遅いんだけど
なかなか楽しかった。

今日はベッキーがお休みだった。
授業後、彼女に電話してみたら
授業があるのをうっかり忘れたとのこと。オイオイ。

 * * * * * * * * * * * *

初日に先生の指示で、
クラスメイト2人と名前や電話番号などを教えあった。
そして先生は「授業後、クラスメイトに電話してみること」とか言ったのだけど
たぶんそれを実行している人はいない。
私も電話をする気なんて全然無い。

だけど私と電話番号を交換し合ったひとりは2回目の授業のとき
私の顔を見て「はーっ!あなたに電話をするのを忘れたわ」と言って
「今日の夜か明日、電話する」と言った。
その人が電話する気であるなら、私もしなくちゃよね?!とは思いつつ
とりあえず電話の受け答えをしっかりメモって
彼女からの電話を待ったが、かかってこなかった。

そして、今日の授業でまた私の顔を見て
「あぁー、ごめんなさい。今日か明日電話する。今日か明日」と
念を押して言った。

ほんとに電話する気あるのでしょうか?

私はそういうふうに言われると、信じて待ってしまうのですよ。
でもまたかかってこなくて、次回同じこと言われるのももう嫌だから
こっちからかけてみちゃおうかな。
電話して会話ができるかどうか不安だけど
ただ待たされるのってバカみたいだし。

日本人と違ってこちらの人って、約束とかすぐ忘れちゃったり
その場だけ、ってことがあるみたいだけど
自分から言っておきながら、こんなに何回も忘れる、ってどういうことでしょうか。
忘れてもいいのだけど、同じ約束を何度もするのはやめてくれぃ。

今回はかかってくるのかなぁ?!






nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

英語学校(昼の部)2回目 [英語のはなし]

初日のベッキーの希望通り、今日から彼女も私達のクラスに仲間入り。
ベッキーが加わったことで、どうなるか?と思っていたらやっぱり・・・

グループ分けのときに、ちょうど私達日本人3人とベッキーとで
ひとつのグループが出来てしまったのが運のつき?
私も友達も『これは大変なことになったなぁ』ってお互い思っていたはず。
新しいお友達も巻き込んで4人でやり始めたら、これがもう大爆笑。

ひとりひとり“英語の勉強方法”についてどんなことをしたら良いか
提案するのだけど
私達の提案を聞くたびにベッキーは表情を変え、身振り手振りを交え
「オゥ、ナ~イス!」「ワォ」「オゥ、ベ~リグゥ」とか言うもんだから、
こっちは可笑しくて可笑しくて笑いが止まらなかった。
リアクションでか過ぎなのよ~。

それから、ベッキーは日本語をすこし知っているので
時々とんでもないタイミングで日本語をポロッと喋ってくるんです。
彼女は絶対私達を笑わそうと思って言ってるに違いない!
いきなり「ソデスネー」とか言ってくるんですから。

日本人で固まっちゃうのは英語を勉強する上で良くないことだけど
私にとっては今日はベッキーが笑わせてくれた?お陰で
その後リラックスして授業が受けられて良かった。

日本人のお友達ふたりとも積極的で見習うところがいっぱい。
初日はおもいっきりへこんだけど、今日は自分でも気持ちを切り替えたし
友達にも助けられて、楽しく授業を受けられた。

ベッキーは明るくて前向きな人なので私は大好き。
友達もベッキーのことはすごく好き。
だけどその友達が「ベッキーと話すとすっごい疲れるんだよねー」と言った時
私は大笑いしてしまいました。
友達が「こっちのパワーを全部吸い取られる感じ」って言ったけど
まさにそのとおり。
だって、それ見ていて分かるんですよ。
いっつも元気なその友達がベッキーと話していると
みるみるうちに疲れた表情になっていくの。

確かに、ベッキーの話す英語は私達日本人には分かりにくい気がする。
で、それを必死に考えて「それってこういうこと?」って聞くと
こっちの質問はベッキーにはよく伝わらなくて、
全然違う答えが返ってくる。
私は普段数時間ベッキーと話すくらいじゃ、全然疲れないですが
買い物に出掛けて6時間くらい一緒にいたときは
さすがにヘトヘトになりました。相槌打つのが精一杯でしたよ。

今日も授業後、ベッキーと友達を家まで送っていったのだけど
やっぱり友達はちょこっと疲れたようでした。
来週はベッキーの提案で、タイかベトナム料理のお店でランチの予定。
ベッキーは美味しいお店をいろいろ知っているので来週が楽しみ!

授業もがんばろうっと。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新しい英語学校(昼の部) [英語のはなし]

今日から新しいESLクラスが始まりました。
今回のESLの授業は教会の中で行われます。

初日にレベル別にクラスが分けられ、私と友達は同じクラスになりました。
ベッキーも私達と同じだろう、と思っていたら
別のクラスに呼ばれました。
別れ別れになるとき、少しだけベッキーが寂しそうに見えたのですが
授業後、ベッキーが今度は嬉しそうな顔で私に声をかけてきました。

「もーすけ、私レベル3。だけど難しくて分からないから
次からレベル2(私達のレベル)に変えてもらう」

それを聞いた私と友達は「えーーーーっ!」と驚きの声をあげてしまいました。
私達、すっごい失礼なんだけど
ベッキーが自分より上だとは思ってもいなかったのです。
友達なんて目をむいてビックリしてました(笑)。

たぶんベッキーもクラス分けされたときは
自分ひとりだけ下のクラスだと思っていたと思うんです。
でも違ったんですねー。
確かにベッキーはたくさん話すから、相手にちゃんと伝わるんだろうなあ。
友達が「アメリカ人の好きなタイプってあるのよ。なんでもとにかく話したほうがいいのよ」と
言っていました。

いやあ、ほんとそうかもしれませんねー。
レベル2でもベッキーよりきちんと話して、話していることが分かる人はいるんですよ。
それでもアメリカ人からすると何か足りないのかもしれません。

そうなると、私はベッキーの足元にも及ばないかもしれません。
レベル2に入れただけでもラッキーだったかも。

 * * * * * * * * * * * * *

さて授業内容ですが、新しいESLでは
机に向かって主に文法を勉強する今までの授業と違い、
英語を話すことに重点を置いた、まさに私が求めていたものでした。

でも、以前からこのクラスに通っている人たちの授業慣れしている様子に
圧倒されてしまい、いきなり萎縮しました・・・。
もー、ほんとダメ。相変わらずです。

クラスには私達のほかに日本人2人。
ひとりはもうだいぶ話せるようで、みんなと仲良く積極的に交流していました。
もうひとりは私達と同じく今回が初めてだったので
たまたま席も隣同士になり、日本人3人固まって(笑)2時間半授業を受けました。

初日はどっと疲れました。
今までより話す機会があるクラスだから、ここで頑張らないと、って思うんですが
家に帰ってきてもため息ばかり。
とりあえず、今日知った単語だけはしっかり覚えて
焦らずにやっていくしかないですね。
「こういう授業のほうが絶対英語を覚えるし、話せるようになると思うよ」と
友達は言いましたが、
確かに机に向かいながら英語を頭で覚えるのではなく
体で覚えられる気がします。

次の授業は明後日。
今から緊張しちゃうなあ・・・。




nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

The Phantom of the Opera [アメリカ暮らし]

最近気が付いたのですが、
映画『The Phantom of the Opera』がいつの間にか
テレビで無料で見れるようになっていました。

私はこのミュージカルが大好きなので、最近よく見ています。
サントラを持っているので、日本語訳を見ながら英語で一緒に歌ったりして
一応、英語の勉強???
そんなことをしていたら、前回の記事のように夢まで見てしまったわけですが・・・。

私が初めてミュージカルを観たのは、ロンドンなんです(旅先で)。
英語レベルは今と変わらず(記憶力はありましたけど)、
そもそもミュージカル自体全然興味なかったのに友達が観たいというので、
生まれて初めてのミュージカルを英語で観てしまいました。

無謀ってもんです。

しかし、ものすごく衝撃を受けました。
内容はほとんど分からなかったのですが、
役者さんの声量やきれいな歌声、あの素晴らしい音楽に一度ではまってしまいました。

その後、日本でも劇団四季の舞台を観ましたが
観るたびに感動しました。

この映画版は劇場でもDVDでも見たことが無かったので
『オペラ座の怪人』を観たのは、四季の舞台以来数年ぶり。

映画と舞台ではかなり雰囲気が違うように感じました。
私は舞台のほうが断然いい!と思いました。
セリフ(歌)は日本語より英語のほうがいいのですが
映画版は、役者さんの歌っている顔がアップになるときがもちろんあって
それにはどうも違和感あります。
『オペラ座の怪人』は普通のセリフが少なくほとんど歌いながら、なので、
アップで見るとちょっと可笑しくなってしまう場面もありました。

舞台を観る時、役者さんの表情が良く見える位置で観たことが
無いからかもしれませんが
舞台全体の雰囲気を味わいながら、役者さんの動きを見ながら
そしてやっぱり生でセリフ(歌)を聴くほうが良いかな~、と。

それと・・・
映画版の怪人が最後のほう、原田大二郎に見えてしまい困りましたぁ。(なぜ困る?)
私だけでしょうか?

でもでも、アンドリュー・ロイド=ウェバーの曲はやっぱり素晴らしい。
また舞台を観たくなりました。
せっかくアメリカにいるんだから、一度はNYで観てみたいものです!



nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ことしのもくひょう! [アメリカ暮らし]

年が明けてだいぶ経ってしまいましたが、
私の今年の目標をひとつ、ここに記しておきます。

全然大したことではないのですが、私には難しいことなんです。
それは、

花を育てること!

私、女らしいこと苦手なんです。
女らしいって何??かもしれませんが
やっぱり、お料理が上手だったり、家の中や庭にきれいなお花がたくさんあったり
裁縫が上手で色々手作りされている女性は素敵だなあと思います。

私の場合、
料理本見るより、地図を見るほうが好き←なんか暗そー・・・
花や観葉植物は枯らすのが得意←自慢しちゃいけません
裁縫より工作のほうが好き←図画工作は大好きでした・・・
なんです。

中でも、植物を育てるのはどうも苦手で
日本にいたとき、お店で観葉植物を買ってきても
あっという間にヨワヨワになって枯れてしまうことがよくありました。

友達にもらったポトスがあって、
それも最初はどうも元気が無かったのですが
引っ越して場所が変わったらもの凄く元気になりどんどん伸びてくれたので
初めて、「このコはかわいいわぁ!」と思えたものでした。
ちなみに、そのポトスは実家で元気に成長しています。

それがあってから、『植物が育たないのは私のせいではなく
環境が悪かったのね』と思うようになっていたのですが
ある日、家の片付けをしているときに小学校低学年時代の作文を発見し、
それには衝撃の事実が書かれていました。

小学生の時、ヒヤシンスの水栽培をしませんでしたか?
(もしかしてこれで年代が分かっちゃうのかしら?)
その栽培日記みたいなのを書いていた私。
今、手元にその作文が無いので詳細はよく思い出せないのですが
その作文には

“ヒヤシンスにかびがはえていました”

と、書いてありました。

全然記憶に無く、てっきりきれいな花を咲かせることができたと思っていたので
これ見たときはちょっと信じられませんでしたぁ・・・。
しかし、私がこんな恥ずかしいことを正直に書いていたことに
『なんて素直な子だったんでしょう』と一瞬自分自身に感動してしまいましたが
いやいや、ただの天然です。
私が植物をうまく育てられないのはやはり今に始まったことではないのねー、と妙に納得?!
ヒヤシンスの根っこにカビを生やしてしまうなんて私だけだったのかなあ?
カビが生えた後、どうしたかよく分からないのですが
そのままいつの間にか、カビ観察日記になっていそうで恐ろしー。

 * * * * * * * * * * * *

とまあ、このような過去があるため(笑)
私が植物を育てるということは一大事なのです。
ということで今年の目標を実現させるため、
早速花の種を買ってきてプランターに蒔きました。

そしたら、今現在、双葉ちゃんがたくさん顔を出しています。
かわいいですね~。
やはり一から育てるというのは愛情もわきます。
このコたちが無事きれいな花を咲かせてくれることを祈って
大事に育てていきますよお。

きれいな花が咲いたら記事に載せようかな。
私のことだからそんなうまくはいかなくて
また枯れてしまってダンナに「やっぱりナ」と言われるのがオチか。

どうでしょうかねー。
今のところ、ワクワクしています。
春が楽しみっ!




nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ESL登録 [英語のはなし]

今回、今までのESLとは違う区域にある
私の家から少し遠いESLに通おうと登録に行ってきました。

この英語学校はベッキーから教えてもらい
ベッキーと一緒に登録のための試験を受けました。
今までは面接(口述)試験だけだったのですが
ここで初めての筆記試験も受けました。
英語をうまく話せない私は、筆記試験で挽回できるかな♪と思っていたのですが
受けてみたらビミョーでした・・・。

試験後は「来週火曜日に来てください」と言われただけ。
ベッキーも同じ。
自分がどのクラスになるのかもわからないまま。
そもそもクラス分けがあるのかしら?

今回、このESLのことを前回のESLで一緒だった日本人のお友達にも教え、
彼女も試験を受けました。
そしてやはり「火曜日に来てください」と言われたようです。

まあ、火曜日に行けばよいのよね。
どんな授業なんでしょうか。
楽しみですが、少ーし緊張しています。




nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

寝ながらすること [その他]

その1
先日、寝る前に映画版『The Phantom of the Opera』を観たら
寝るときもその音楽が頭の中でずっと流れていました。

そして翌日。朝起きたらダンナに、
「もーすけ、なんかフフフフ~ンって『オペラ座の怪人』の歌、歌ってたぞ」と言われました。
もーすけ 「あ、やっぱりぃ。今、『オペラ座の怪人』の夢見てたもん」
ダンナ 「かなり気持ち良さそうにフフフ~ンって鼻歌歌ってて、すげー可笑しかった」

そりゃ、失礼しました。

やっぱりあの音楽は頭(耳)に残りますねー。
今もしょっちゅう鼻歌歌ってます
これからも何回か“寝歌”を歌ってしまうかもしれません。ハイ。

その2
日本にいたときのことです。
ふと夜中に目を覚ましたとき、寝ぼけていて自分がどこを向いているかよく分からず、
しかし、私の足先が何かをグイーッと押している感触がありました。
それに気付くと同時ぐらいにダンナが目覚め動いた途端、
ハッと我に返った私の目に写ったものは・・・

なんと私、ダンナの首にキックしてました。ちょうど頚動脈のあたり。

本当にかわいそうなダンナ。

それにしても、就寝中に無意識とはいえ
妻が夫の首に蹴りを入れている画はよろしくないですねぇ。

私もよくもまあそんな上手く蹴られたものです。
(感心することじゃあ無いですね)

幸い、それ以来このような衝撃的な事件は起きておりません。

その3
これはダンナ編。
日本にいたときのことです。
ある晩、私は福山雅治の夢を見ていました。
それはそれは楽しい夢でした。
夢の途中、あと少しで福山雅治が私の近くに来る、というところで
右足がだる~くなってきました。
そしてどんどん足が重くなってきて、『あー、重いなー。苦しいなあー』と思っていたら
とうとう夢から覚めてしまったのです。

『あーん、もう少しでお話できるところだったのにぃ』と悔しい気持ちで目覚めたのですが
そのだるく感じた私の足を見てビックリ。

なんとダンナが私の右太ももにからまっていたのです。
抱き枕状態とでもいいましょうか。

それにはもう思わず笑ってしまいました。
『おまえか、ジャマしたのはっ』と言ってやりたかったのですが
ダンナはぐっすり寝ていて起きる気配が無かったので
私の太ももからそーっとダンナを引き離し
私は再び夢の続きを見ようと、福山雅治のことを考えながら寝ました。
・・・からまっていたダンナではなく(笑)。

その後、何回か福山雅治の夢を見ましたが
ダンナがジャマすることはありませんでした。
おとなしく隣で寝ていたと思われます。
良いことですぅ。

以上、我が家の事件簿-就寝中編でした。
一応ちょこっとアメリカっぽいこと?を付け加えると、
英語の夢をたまーに見ます。
夢の中ではちゃんと英語を喋ってます。
ちゃんとかどうかは怪しいのですが、
夢の中の私は喋れているつもりになっています。

英語が喋れるようになってリアクションもアメリカ人並みになったら
夢の中でもオーバーリアクションで
再びダンナが被害を受けるかもしれないですねー。

ま、その可能性はまだゼロですけど。






nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ドーナツ [アメリカ暮らし]

ウォルマートで箱入りで売られているドーナツが私達のお気に入り。

小腹が空いたときに、あまり期待せずに買ってみたところ
噛み応えがあるくらいもちもちしていておいしかったんですよ。

アメリカで有名なドーナツ屋さんといえば、クリスピークリーム。
一度食べてみたくて、今日お店に寄ってみました。
注文しようと思ったら、試食として出来たてのドーナツを丸ごと一個くれました。
出来たてなので、あったかくてフワフワでしたが、甘かったー。

試食のドーナツをその場でパクつきながら、
ドーナツ3個と小さいボール状のドーナツを数個買ってお店を出ました。

家に帰ってダンナと一緒に食べましたが、
ダンナにも甘過ぎるようでした。
なんにもコーティングされていないドーナツならいいかも。

私もダンナもウォルマートのドーナツ一押しです!
ウォルーマートのドーナツも甘いけど、ドーナツ自体大きいので
甘さはそれほど気にならないと思います。

スーパーのH・E・Bにも同じようなドーナツ(見た目おんなじ)が売られているんですけど
イマイチでした。

ウォルマートのドーナツ、お試しあれ!






nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

1月1日 28℃! [アメリカ暮らし]

明けましておめでとうございます
皆様、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

今日は暖かいというより、暑い日になりました。
アメリカ人の格好はTシャツ、足元はビーチサンダルでした!
最近ずっと気温が高めでしたが、今日は夏のようです。
夏の匂いがしましたよ。
でもこれはやっぱり異常気象なのかな?

ココの冬は私が今まで住んだ中で一番暖かい。
こんな気候の良いところに住めることに感謝して
一年スタートです!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

紅白見れました [アメリカ暮らし]

日本人ご夫婦のお宅で、私達とダンナの上司の計5人(皆、知り合い)で
年越しパーティーをやりました。

私の楽しみは紅白!
しかし、パーティーの始まった時間はまだ紅白の放送時間では無かったので
みんなで楽しく会話をしながらお食事。
だいぶ時間が経った頃、誰かが「紅白やってるんじゃないか?」と言ったので
やっとテレビのある部屋へ移動。

『おお~、待ってました』と喜んでテレビを見ると
ちょうどスマップが“世界にひとつだけの花”を歌っていたので
とりあえずそれだけはテレビにかじり付いて見させていただきました。
久しぶりにスマップを見ましたが、キムタクがものすごく“いい男”に見えましたぁぁぁ!
ダンナも驚いていたけど、前からあんなにカッコ良かったかしらねぇ。

・・・ちなみにウチのダンナは好い年して(好い年だからか?)あやや大好き。
それを知っている私の弟は、紅白であややが歌っているテレビ画面をデジカメで撮って
メールで送ってきました(笑)
こちらでテレビをつけたときには残念ながら、あややの出番は終わっていましたが、
途中、ちょこっと出ましたね。相変わらずカワイイあややでした・・・

さて、スマップを見れた私はもう満足だったのですが
テレビはもちろん紅白のまま。
パーティー参加者は皆、日本人なので、
紅白は見たいもの、というか見てしまうもの、みたいなものだと思っていたのですが
日本人ご夫婦はアメリカ生活30年で日本の音楽はさっぱり分からず、
ダンナの上司は「最近の歌はめちゃくちゃだよなー」とか言い出す始末。
日本人夫婦の奥さんのほうは日本の歌は分からなくても
紅白を見たかったようなのですが、
紅白中盤?の私達も知らない若いコやグループの歌に
おじさま方(ご主人&上司)はブーイングの嵐。
そんなときにダメ押しのゴリエちゃん登場!!

5人の中ではいちおう“若者”の私達、
ダンナは待ってましたとばかりにゴリエちゃんを指差して
「こんなん出ちゃいましたけど」と、嬉しそーに言うもんだから
上司は「ったく、なんだよこれ」とお怒りになり、
ご主人「これは男なのか?」と目を白黒。

アメリカなど海外にいると、『日本の文化』がどうの
『日本人の心』がどうの、とそういう話が出るのはしょっちゅう、
そういうことを考える機会ももちろん多い。
日本人としてとても大切なことだけど、紅白見ながら話すことでもないような・・・。
おじさま方の言い分も、よくよく聞いてみれば
ただ毛嫌いしているだけのようにも思えるし
そんなに頭ごなしに全否定しなくても、って思うんですけど。

ちゃんと聞けば素晴らしい歌もあるのに、そんな話でヒートアップしちゃって
私の大好きな『ハナミズキ(一青拗)』が聞こえなかったじゃないのー!!

ご主人は相当つまらなかったようで、途中
NYのタイムズスクエアを中継しているチャンネルに切り替えていましたが、
最後は紅白にチャンネルを戻し、白組が勝利したのを見てパーティーは終わりました。

年末の慌しさから開放され、あとは静かに新年を迎えるだけ、という
ゆったりした気持ちで見る日本の紅白とはだいぶ違う
世代ごとに異なった意見をぶつけ合いながら見た(笑)
アメリカでの『紅白歌合戦』でした!!

こんな大晦日もアリですね。かなり楽しかったです!



nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。