So-net無料ブログ作成

HAPPY HALLOWEEN [アメリカ暮らし]

今日は最高に楽しい夜でした!!

今までハロウィンなんてまったく興味なく、
私はアメリカに来てもハロウィンの直前までやる気無しだった。
しかしダンナが「今年はハロウィンするぞ」ってちょっと気合入ってて
お菓子など買い始めてから、ちょこっと楽しみになってきた。

でも普段あんまりご近所と付き合いないし、子供もいないから
我が家に来てくれるかどうか、心配だった。
もし誰も来なかったらちょっと恥ずかしいから、庭の飾りつけもせず、
当日の夕方薄暗くなってから、雑貨屋で買ったものを
ひとつだけ庭先に立てかけてみた。


(右の写真はご近所の飾りつけ。ウチの住宅街はわりと地味でした)

今日のニュースの天気予報コーナーでは
午後6時から9時までの天気を“Trick or Treat Time”として
予想していた。
『なるほど、その時間帯に子供達が来るのか・・・』

ダンナも6時前に帰宅し、ふたりで子供達が来るのを待っていると・・・・・・・

どこかで「トリック オア トリート」って言ってる声が聞こえる。
ダンナは早速玄関側の窓から外を観察。
お向かいの家に来ているらしい。
そして突然ダンナ叫ぶ。

「もーすけーっ。来たっ来たっ来たっ来たーーーっ」
もーすけ「えっ、ほんとにぃ?」

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・。

ピン コーーーーーーン。(玄関チャイムの音)

お菓子とカメラを持って玄関ドアを開けると
着包みやドレスを着た数人の子供達が「トリック オア トリ~ト」って!
めっちゃくちゃかわいい子供達だった!
一気にテンション上がっちゃって、お菓子の入った箱をそのまま差し出したら
いきなりガバッとお菓子をつかんで、たくさん持っていかれちゃった。
付き添いのママ達に写真撮っていいか尋ね、「もちろん!」って言ってくださったので
写真撮らせていただきました。

(ご近所のお子さん達なので、顔が写っていないものにしました。
よくわからない写真でスミマセン)

一組目が終わってもうハロウィン最高!っていう気分になってしまった私達。
ダンナが「もーすけも、玄関の覗き窓から外の様子を見てなよ。
懐中電灯の明かりが近づいてくるのがわかると『おおーー来た来た来たーーーーっ』て
超興奮するよ」って言うので、私も覗き窓から覗いていると・・・

懐中電灯の明かりがふらふらと我が家のほうに近づいてくる。
 『あー、来たかも』
そのうち子供の声も聞こえだし
 『来るよ、来るぅ~』
ちびっ子達がダーーーッと玄関前に走ってきた。
 『きゃー、来た来たっ』
   お菓子とカメラを持って準備!
   チャイムが鳴るのを待つ。

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・。

 『あれ?』
再び覗き窓から見ると、ちびっ子が必死にチャイムを押そうと背伸びしてる!
 『アハハハハッ、かわいいっ』

そして、

ピン コーーーーーーン。

子供達「トリック オア トリ~ト!」
私達「ハッピーハロウィーン!!」

 * * * * * * * * * *

子供だけでなく、高校生くらいのカップルもドラキュラと魔女に変装してきたり、
子供の付き添いの大人も目一杯楽しんでいました。
午後6時から約3時間、本当に楽しい時間でした。
地元の方たちと、交流を持てて嬉しかった。
すでにもう来年のハロウィンが楽しみです。
今度はもっとたーっくさんお菓子を用意しておこうっと。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

COLD STONE CREAMERY [アメリカ暮らし]

先日ネットのニュースで
“六本木ヒルズにアメリカ巨大アイスクリームチェーンのお店がオープン”
という記事を見つけ
何気にそのお店のHPをチェックしたら、かなり旨そうじゃないですか!
全米で1000店舗以上だとか?!
アメリカにいながらまったく知りませんでしたよ、
こんなおいしそ~な感じのアイス屋さん。

でもねぇ、巨大チェーン店と言っても、日本では六本木ヒルズにオープンってことだから、
アメリカでも都会にしかないんじゃないの?なんて思っていたら
ウチの近くにもありました!さすが1000店舗!

こうなったら、日本の皆様より先に試して自慢しちゃおう!と思いまして
快晴のアイス日和?の今日、行ってきたわけであります。
・・・すでに全米1000店舗以上ですから、たーっくさんの日本人の方が
ご存知のことと思います..ハイ..。

お店の外観。               アイスとフルーツなどをコネコネ。             
 
↓一番小さいサイズでも結構なボリューム  

一番でかいサイズを頼んでしまったダンナは結局食べ切れませんでした。
もったいなーい。(右上:アイスの上にスプーン刺さってます)

私が食べたのは『バナナ・キャラメル・クランチ』、
ダンナは『ミント・ミント・チョコレート・チョコレート・チップ』
だったらしい。(HPで確認してみた)

私のバナナ~、はキャラメルまでバニラアイス、バナナと一緒にコネコネしたから
出来上がりはHPの写真とはちょっと違ってたけど
どちらのアイスも美味しかった。
バニラはわりとあっさりしてる、かな。

なんせ量が多いので、アイスはしばらくいらない~(笑)。
でも種類がたくさんあるからいろいろ試してみたくなりますね。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マイケル行方不明 [愛すべきキャラ]

猫のマイケルです。

実はダンナの一番最初のアメリカのお友達なのです。

ダンナがアメリカに来たばかりの頃、
リビングの窓際で昼寝をしていたら、網戸をガリガリする音がして
ビックリして目を覚ましたらマイケルが窓から覗き込んでいたんだって。
パティオのドアを開けたらマイケルはいきなりその場でごろんっ。
“かまってかまって状態”だったみたい。

パティオのドアから家の中を覗くマイケル   家の中でくつろぐマイケル

家の中でやりたい放題のマイケル

それ以来、ダンナが「マイケル!」と呼ぶと寄ってきてスリスリするの。
ちなみに“マイケル”はダンナが勝手につけた名前です。

以前、我が家のキッチンの床下に巣を作ったポッサム(オポッサム?)を
捕まえるための罠に、いきなりマイケルが捕まってたのには笑った。
罠の中に置いたツナ缶に飛びついちゃったんだろうね。
かなりアホなマイケルなのです。

そのマイケルがどうやら行方不明になってるみたいで
住宅街のポストにこんな張り紙があった。

そして「もし“彼”を見つけたら○○へ電話ください」と。

実はマイケルの飼い主が2週間くらい前に引越してしまったようなんだけど
マイケルはその後もこのあたりをウロウロしてたから
てっきり捨てられちゃったのかと思っていたの。
でもどうやらそうでは無いみたいね。
マイケルが引越しのときにちょっといなくなっちゃって
飼い主さんは連れて行けなかったのかもね。

でも探してるってことは、見つかったら
マイケルは飼い主さんと一緒に新しい土地に行ってしまうわけで、
ちょっと寂しい気がします・・・。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

長い夏が終わる・・・ [アメリカ暮らし]

寒いっ!!!
昨日、今日と一気に気温が下がって
今朝の最低気温はたったの4℃!
昨日も家の中がかなり寒くて、手先や足先が冷え冷えだったので
今日はエアコンを暖房に切り替えてしまった。

すぐに暖房がかかり、部屋が暖かくなってくる。

ちょっと前まで冷房を使っていて、今度は暖房・・・。
一年中、エアコン使いっ放し!
こんな生活は地球に優しくないじゃん、と思ったけど
ダンナ曰く「4℃だよ。冬だよ冬!」
んー、確かに。
無理に我慢しても風邪ひいちゃうもんね。

それにしても何なの、この気温差。

おとといまでタオルケットだけで寝ていたのに
今日は毛布と掛け布団まで!

ココの冬は経験済みだけど、
夏が長かったせいか、冬が来ないような気がしていた。
でもここ数日一気に寒くなって、秋というか冬の気配。
あぁ、やっぱり寒くなるとなんだか寂しく感じるぅ。

天気予報を見る限り、昨日今日の寒さは一時的なもので
また気温が高くなるみたいだけど、
ココにもだんだんと冬が近づいてきているのね~・・・。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

National Historical Park [アメリカの景色]

San Antonio Missions National Historical Park という
教会を中心に住居跡などが残る古い施設を4ヶ所見学してきた。

San Antonioはアラモの砦で有名で(私は知らなかったけど)、
観光ポイントはダウンタウンの The Alamo と River Walk の散策くらいだと
思っていたのだけど
今日見学した4つの施設は結構見応えがあった。
アラモの砦よりおススメ。

 
青い空と古い教会
 
歴史を感じる建物
 
この教会(Mission San Jose)が一番大きく、美しかった。 

 
右は巨大アロエ?私の身長(160cm)よりあったみたい


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

記念切手 [アメリカ暮らし]

アメリカに来て初めて記念切手なるものをゲットしました。

アメリカでは様々な記念切手が発行されているようなので
どんなものがあるのか、USPSのHPで探してたら、
20日がクリスマス用?の切手の発売日だった。
すごくかわいいデザインで、早く買いに行かないとなくなっちゃうかな、と思い
20日の午前9時頃、ポストオフィスに行ってみた。

もちろん窓口で何て言うか、予習して行きましたよ。
記念切手って『commemorative stamp』っていうのねー。知らなかった~。
何度も“コマモレイティブ”(で、いいのかな?)って唱えながらポストオフィスへ。

窓口で「記念切手が欲しいのですが~」と言ってみた。
これですぐ欲しい切手が出てくると思った。
しかし、もうすでに発行済みの切手がファイルされているものを持ってきて、
「どれがいいのかしら?」って。

ガーーーーーン・・・

   ―ここからは何も予習していないので
     どうにかして自分が欲しいものを伝えなくては

「んーっと。確か・・・Holiday???(なんとか)、っていう切手だと思うんですけど」
窓口の女性、首をかしげる。
「んーっと・・・、クッキーの形してる・・・。ホリデイ・・・。」
と言ったら、隣の窓口のおじさん、「それ、明日だよ」って。

「へっ?」

 * * * * * * * * * *

ということで、今日出直し。
そして買えた切手がコレ↓ピンボケ・・

右のものは星座が描かれている切手です。
ついでにゲットしてきました。

日本の友達に手紙やハガキを送るときに
使ってみようと思ってます。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

英語学校9日目 [英語のはなし]

毎回ですが、英語学校の話ではなく、今日もベッキーの話。

ベッキーは車を持っていないので、いつも旦那様が学校まで送り迎えをしている。
今日彼女から「学校が終わったら私をCOSTCOまで連れて行って欲しいのだけど」と言われた。
それから、「私の夫はいつも忙しいので帰りだけCOSTCOかWAL-MARTまで
乗せていって欲しい(そこで旦那さんと落ち合う)」とも。
私は笑顔で「My pleasure.」(いいですよ、喜んで!)と言ってみた。←言ってみたかったの!

ベッキーの自宅はかなり遠く、旦那様が忙しいのは聞いていたし、
COSTCOもWAL-MARTもウチの近くだから全然問題なし!

 * * * * * * * * * * *  

授業後、ベッキーとCOSTCOへ。
ここは会員にならないと買い物が出来ない。
ベッキーは会員でない私に、「一緒にお店の中を見てみる?
もし欲しいものがあれば一緒に買うよ」と言ってくれた。
私は店内を見たかったのでベッキーについて行った。

店内に入り、食品売り場に行くといくつか試食コーナーがあった。
ベッキーは「タダで食べれるの!フフフ」と嬉しそうな顔で、
片っ端から試食をつまんでいく。
私はベッキーに腕を引っ張られ、あちこち連れまわされながら一緒に試食をつまむ。
日本じゃ試食があってもひとりじゃちょっと恥ずかしくて
試食コーナーをチラチラ気にしながらも素通りしていたのに
ベッキーと一緒に買う気も無い食品を堂々と食べている自分が可笑しいっ。

ベッキーも買う気は無いのに、必ず販売員に声をかける。
“コレはどのくらいもつの?”“どういう調理法なの?”などと。
買う気も無いのによく声をかけるなあ、と思っていたら
彼女は「英会話の練習になるでしょ。家でテレビ見てるだけじゃ
聞くことは慣れても、話せないでしょ。テレビに話しかけても
応えてくれないし、こういうところでいっぱい話したほうがいいの」って。
(全部は理解できないがこんな感じのことを言っていた)

ベッキー、あなたはエライ!
その通り。
彼女の行動に感心した。
彼女は、ダンススクール(アメリカ人のお年を召した女性ばかり、とのこと)にも
通っているそうで、そのいちばんの理由はやはり、英会話上達のため、だそう。
とにかくいろんなところで会話する機会を作っている。
私も彼女を見習わないと。
いつの間にか、英語を話さなくてもある程度生活出来ちゃうことに
慣れてしまっていた気がする。

 * * * * * * * * * * * 

お昼抜きで空腹だったけど、
さんざん試食をつまんだお陰で、お腹も満たされた。
ベッキー「これで昼食は済んだね!」。
アハハハハ、ホントホント。
あー楽しかった!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

英語学校8日目 [英語のはなし]

今日は先生がなんだかお疲れモードだった(に見えた)。

さて今日は、先週約束したベッキーとランチに行く日。
学校に行ったら彼女が先に来ていて
「待ってたよー」と。

授業が終わり、ベッキーと私と日本人のお友達の3人でレストランへ!

レストランに到着して店内に入ってみると・・・
ずいぶんと広くて、お客はひとりもいなくてガラーンとしてました・・・。
日本人のお友達は
「いやあー広いね。なんか韓国料理のお店みたい」との感想。
私は韓国料理のお店や本場韓国のお店を見たことがないのだけど
このお店は、広いフロアにテーブル、イスがたくさん置いてあり、
店内はいたってシンプル。
特に中国っぽいインテリアなども無かった。

想像とだいぶ違っていたなぁ。
私の想像とは、
“こじんまりとした”“小奇麗な喫茶店風”“おしゃれなインテリア”・・・。

全然正反対でありました。

ある意味雰囲気はまったく無いです、が、
大事なのは料理。味です。
彼女はここの常連らしいので、彼女のおススメと
さらに特別メニューを頼んでくれたようです。

お店に入ったときが午後2時過ぎだったので
3人ともおなかぺこぺこ。
運ばれてきた料理のおいしそうな匂いにおなかがグル~。

海老、きのこのシューマイ2種類、
もち米をつかった(ちまきの中身みたいな)ご飯モノ、
野菜の入った揚げ物、
蟹のすり身が入った・・・うーん、なんて言うんだろう。
そして麺類(スープ系)。
お茶はもちろんジャスミン茶。

 * * * * * * * * * 

料理はとっても美味しかったー!
日本人のお友達も大満足。
3人での英会話もなかなか楽しかった。
英語学校だけだと会話の練習にはならないから
このような時間が持てたことが嬉しい。

今日はベッキーにご馳走にもなってしまいました。
さすがに申し訳なく思ったんだけど
彼女が明るく「いいのいいの、今日は私が払うよ。また今度ねっ」と言ってくれたので
お言葉に甘えてしまいました。

今日はとても幸せな気分になれた。
ベッキーはもちろん、レストランの店長、店員(中国人)の方、
みんな親切でいい人でした。
ベッキーに感謝です。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

医者通い [アメリカ暮らし]

最初のレントゲン撮影の約2週間後、再びレントゲンを受けた。
さらに病院からの帰宅途中に携帯電話が鳴り、
「(不鮮明だったのか)もう1枚撮る必要があるので戻ってくるように」と言われ
病院へUターン。ほとんど半日がかりで、さすがにこの日はヘトヘト。

これだけ何度も撮ったレントゲンのフィルムをどうするかというと
専門医(外科)のところに持っていき、詳しく見てもらうのである。

専門医の予約を取り、フィルムを放射線科から受け取り、
専門医の診察を受ける。

専門医の診察では、きっといろんなことを言われるだろう、と思い
ひとりではとても無理なのでダンナと一緒に行った。

ここの待合室もまた病院とは思えない立派なソファーや家具が置かれていた。
ダンナは「こんな(病院っぽくない)とこだったら病気も早く治りそうだよなぁ」。

やっと名前を呼ばれ、ここでも一応身長、体重を計られた後、
診察室ではなく、ドクターの部屋で待たされた。
その部屋に通されてビックリ。
患者のレントゲン写真(封筒には入っているが)とかたくさんの書類が
机の上、床などそこら中に散らばっている。
机、イス、本棚など家具類はとーっても立派なんだけど
部屋の中ぐちゃぐちゃです。
ダンナも私も『大丈夫かなあ・・・?』

ドクターが来るまで、部屋の中をちょっと物色。
写真が飾ってあるのをダンナが見つけ、「先生若そうだなー」と。

しばらくして、ドクター登場!
がっちりした体格の優しそうなおじさんでした。
先生は私のレントゲン写真をチェックしたらしく
とくに問題はない、と言った。
そして、「あとはレントゲン写真を見ながら説明して、
それから一応診察もしましょう」ということで、部屋から出る。
するといきなり通路(廊下)に私のレントゲン写真が張ってあり、
そこで先生から説明を受ける。←かなり恥ずかしいというか、驚いた。

診察室に入り、先生に診てもらい、「何でもありません。心配ないですよ」ということで無事終了。

診察代はすべてあとで小切手で払うので、支払いもなし。
レントゲンフィルムをまた放射線科に戻して、
やーーーっと医者通いが終わったのであります。

 * * * * * * * * *

ちなみに処方された薬は、ドラッグ・ストアやスーパー(処方箋を受け付けている店)に
処方箋を持っていって調合してもらう。
この処方箋がまた単なる小さいメモ帳みたいな紙で
それに薬品名が書かれているんだけど、汚い字でまったく読めない!
薬剤師が読めさえすれば別にいいのだけど、
私は最初それが処方箋だと思わず、あやうく捨てるところだった。

そして、処方された薬をみてまたビックリ。
錠剤の大きさがハンパじゃないです!

絶対喉を通らないよね、コレ。
痛み止めだったので飲む必要がなかったから良かったけど。

何はともあれ、なんでもなくて良かった。
なるべく病院のお世話にならないように、体に気をつけなくちゃ。


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

医者通い [アメリカ暮らし]

2週間の日本滞在後、アメリカに戻ってから
時差ボケと疲れ、寝不足などでしばらく体がだる~く、
8月中旬から体調がさらにおかしくなって、
なかなか良くならなかったので、9月中旬、医者に行くことにした。

とうとう病院初体験。
医者に行くと決めてからは、今までで一番やったかな?英語の勉強。
病院での会話例をメモったり、伝えたいことを書き留めたり
ドクターに症状を細かく説明するのは無理だから
カレンダーにその日その日の症状を記入したり、と・・・まあ
しっかり“予習”しましたよ。

そして、医者にかかる前にまず予約。
予約をするのに電話ではとても不安だったので直接医者に行った。
翌週が希望だったが、予約で一杯だったので翌々週に。
初診のときは、自分の名前、住所から症状、既往症、
そして保険について、などなど、所定の用紙にいろいろと書く必要があるので
その用紙をもらって帰った。

そして、診察当日。“予習”の成果を試す日?!
窓口で予約カードと保険のカード、それに記入済みの用紙を渡し、
豪華なソファー、テーブル、絵画が飾られている待合室で待つこと数分。
看護士?に呼ばれ身長、体重、血圧を計った後、診察室で待たされる。
まもなくドクターが現れ、診察開始。
前もって準備しておいたカレンダーを見せ、会話本と電子辞書を広げ
ドクターの言ってることを必死に聞く。
私を診てくれた先生(女医さん)はとっても優しくて、
身振り手振り、なるべく簡単な言葉でゆっくり喋ってくれた。

簡単な検査をひとつして、薬が2種類処方された。
しかし、診察のとき、別のモンダイが見つかり、
レントゲンの予約をしてから帰りなさい、ということに。

『えーーーっ、レントゲンの予約ー?!予習以外のことなんてー・・・』

そもそも診察自体、予習の成果はほとんど見られず、どっと疲れたのに
さらに予約を取る必要があるとは。

同じ建物の中に放射線科のようなところがあり、
予約をしようとしたら、その日すぐにレントゲンを撮れるようだったのでお願いした。
しかし初めてかかるので、ここでも数枚の用紙に症状他いろいろと記入しなければならず、
受付で電子辞書と格闘。
10分くらいかかったが記入し終わり、名前を呼ばれ、レントゲンを撮り、やーっと終了。

レントゲンの結果、問題があれば一週間後くらいに手紙が届く、と言われたのだが
なんと翌々日にドクターから直接電話があり、
さらに数枚レントゲンを撮る必要があるとのこと。
それも「早いほうがいいわ」って。
一気にブルーになりました・・・。

 ・・・・・・・・つづく。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

英語学校7日目 [英語のはなし]

相変わらず、授業・・・というか、先生の話についていけない私。

ま、それはいいんだけど。

今日の授業後、たまたまBさん(以後ベッキー(仮名)にします)と話す時間があったので
すっごい初歩的な質問、
「あなたのお気に入りの中国料理のレストランを教えて」と聞いてみた。
彼女は早速バッグの中から名刺を取り出し
「ココ、いいよ!」と。
そのお店はたまたまこの学校の近くだった。
ベッキーが「あっ、今度一緒に行こうっ!」と言ってくれたので
もちろん「いいねーっ!!」と大賛成。
来週月曜日、英語学校の後に食事に行くことに決定。

うわぁー、めちゃくちゃ楽しみ。
彼女と話せるのももちろん楽しみだけど、
そのお店の名刺がちょっとおしゃれな感じだったから
かなり期待しちゃってます。

ベッキー、月曜日忘れないでねー。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

一年経ちました [アメリカ暮らし]

ダンナは今日でアメリカに来て一年が経ちました。
ココでの生活を立ち上げ、生活が落ち着くまでに
たくさんのハプニングがあり、仕事もずっと忙しかったので
ダンナにとってはあっという間の一年間だったと思います。
本当に良く頑張ってくれました。
英語のほうも仕事で毎日喋ってるから一年間で英会話もだいぶ上達したもんね。

ダンナも私もアメリカに来る前、1ヵ月半ほど英会話教室に通ったのです。
ふたりとも英会話教室は初めてで、それも個人レッスンだったからとても楽しかった!
ダンナの場合はビジネス英語を学ぶはずだったと思うんだけど、
レッスン後の話を聞くと、
先生に「昨日辛いものを食べたら、今日オシリがファイアーだった」だの、
先生が「?」って顔をしているとさらに「ゴジラのように、ファイアー!!!」とか
くっだらない話ばっかりしてたみたい。
先生はゲラゲラ笑ってくれたみたいだけど、
仕事に役立つ英会話なんてほとんどやらなかったに違いない。
そんな状態でアメリカに来てしまったダンナ。

それでも今はなんとかなっています。

日常会話より相変わらずくだらない話のほうが得意みたいだけど
これからまた一年、ダンナの英会話はどのくらい上達していくのでしょう。

あぁ、私ももうすぐ一年経っちゃう・・・。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

テニス [遊ぶ]

アメリカに来れば、テニスなんてしょっちゅうできると思っていたのに
ウチの住宅街はプールしかないし、
この辺りでもテニスコートは全然見かけなかった。

つい最近、英語学校の近くの公園にコートがあることを発見し
今日ふたりでテニスをしてきた。

体を動かすこと自体、久しぶり。
どうなるかと思ったが、中学、高校とやっていたテニス(ダンナも偶然同じ)なので
すぐに勘を取り戻し、たっぷり2時間楽しんだ。

午後のちょうど暑い時間帯にタンクトップでやっていたら、
たった2時間で背中にくっきり日焼けの跡が・・・。ゲゲゲー!
ここの日差しを侮ってはいけませんなー。

久々に運動して汗をかいて気持ちいいー!
運動不足解消のためにも、ちょくちょくテニスしようっと。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

本屋で [アメリカ暮らし]

このあたりの本屋はカフェが併設されていることが多い。

今日行った本屋にはスタバがあったので、そこでちょっと休憩していた。
まわりを見ると、本を読みながらコーヒーなどを飲んでる人が多い。
それ自体はどこでも見られる光景だけど
その読んでいる本を良く見ると、どうも新品。つーか売り物?
分厚い参考書、図鑑、雑誌・・・などなど
みーんなきれいに見えるんですが。

数冊テーブルに置いている人あり、レシピなんぞをメモっている人あり。

気持ち丁寧に見てる感じは伝わってくるんだが、
そういうことしていいのかなぁ。
フツーなのかなぁ。
誰も何も言わないしなぁ。
でもそれって、本の中の自分の欲しい情報を携帯電話のカメラで写すことより
罪な気がする。
まして売り物の本を見ながら、飲食してるんだもんね。
コーヒーのしみがついた本を買ってしまうこともあるかもしれない。

うーん、ほんとのところ、どうなんだろう。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。