So-net無料ブログ作成
検索選択

ウチの庭その4 [アメリカ暮らし]

2週間ぶりの我が家。
どうなっちゃってるかすっごく不安だったけど
泥棒に入られることも無く、ちゃーんと出掛けた時のままだった。ホッ!

しかし、庭がすんごい事になっていたのである!
もう、ボーボー!!
何がって、草はもちろんだけど
芝生も勢い良く伸びてた。
20cmくらいはあっただろうか。
またまた草むら状態になっていた。
でも以前と違って全体的に緑が濃い。
なにより枯れていなくて良かった。
きっといい具合に雨が降ったのかも。

明日には芝刈りが来るだろう。
このボーボー状態は早くどうにかしないとマズイけど
これを刈ればなんかいい感じ♪になりそうよー。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

長ーい長ーい一日 [一時帰国]

日本での2週間もあっという間に過ぎ
とうとうアメリカに戻る日。

日本に行く前は、『アメリカに戻るときにすっごく寂しくなっちゃったら
どうしよー』と不安があったが
ダンナとベアーズ達、みんながいてくれたので
寂しさや辛さも無く、再び元気に出発することが出来た。

飛行機に乗る直前、出発ゲートをくぐった後の通路で
私は空港の警備員?(女性)に荷物のチェックをされた。
―実は2度目です。去年、私がアメリカに渡るためにひとりで飛行機に乗ったときに
  ひっかかりました。今回もひとりで歩いていました。
私のどこが怪しいのでしょうか?
私の前をベアーズのふたりが歩いて行ったじゃないかーっ!
(ベアーズを“怪しい”と言ってしまうのはいけませんがぁ、
どう見たって、口ひげのふたりのほうが・・・)
たぶん、警備員?の方たちは、チェックするつもりなんてまったく無いです。
あたしみたいなまったく危険の無い人物を調べてないで
もっと目を光らせて欲しいものです!!

 * * * * * * * * * * * * *

さて、みんな飛行機に乗り込み、無事離陸。
食事のサービスが始まったところで
私の3列前あたりがなにやら騒がしくなった。
―急病人が出た模様。
女性が通路に寝かされ、客室乗務員が集まってきた。
そして医者を探す機内放送。
一時、緊迫状態になり
客室乗務員(日本人)が「緊急着陸も・・・」とか何とか言ってたが
しばらくして病人は意識を取り戻したようで(本当に良かったです)、
やっと事態は収まった。

もともと飛行機が苦手な上にこの事態。
私は不安と心配とで超緊張状態になってしまって
食事が喉を通らなかった。

 * * * * * * * * * * * * *

やっと乗り継ぎ地Dallasに着いた。
入国審査はすでに長蛇の列。
私達の後ろにもだいぶ人が並んだ。
しかし、他の列はどんどん人が減っていき
いつのまにか周りには誰もいなくなり
私達だけ取り残され、シーンとした中で審査を受けた。
―ふたりとも、『ついてないなあ」とちょっと思う

荷物を一旦受け取り、また預けるのだが
スーツケースをゴロゴロころがしていたら
私達の近くにコギャル(って今も言うのか?)の集団が
すでに“ビーチで遊んじゃってまーす!”みたいな格好で
サンダルをペタペタ鳴らしながら
タラタラ歩いていた。
ダンナはその集団が嫌だったようで
「あいつらからちょっと離れて後から行こう」と言った。
そして、そのコ達が行った後、荷物を預けた。

 * * * * * * * * * * * * *

そして、日本を発って15時間くらい?
やっとやっと着いたー!
いやあ、今回は長かった。

・・・と、ここで完結!のはずが
なーんと、私のスーツケースが出てこない。
それもふたっつ!!(2個もだよ!)

どうして~?

しかし、周りを見ると私みたいな人が10人くらいいる。

『よくあることなのかぁ・・・』

それにしても、今日はとことんついてない。
スーツケースの件に関しては
ダンナは「あいつら(コギャル達)の先に行けばよかったー」と言っていた。
彼女達に何も罪は無いが
目障りだったことは確かなのよね。

これだけ物事がすんなり進まないってことは
何かの暗示?
アメリカでは様々なことに気をつけろ!ってことかな。

また気を引き締めて、そして楽しく
ふたりで頑張っていきましょう。

 * * * * * * * * * * * * *

以上、長ーい長ーい記事になってしまいました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ベアーズ、温泉に [一時帰国]

日本に来て最初の休日。
東北のとある県に滞在中のダンナ達は
近くに温泉地があるというので
試しに行ってみることにしたそうです。

もともとダンナは温泉好きなのでモンダイ無しですが、
ベアーズ達は、”ONSENは大きなバスルーム”
ぐらいにしか考えてなかったようで、
移動の車中は、
ONSEN!ONSEN!JAPANESE ONSEN!
ウキウキだったようです。

温泉街を通りぬけるときは日本情緒がたっぷりで、
ベアーズは大喜び。
そして浴衣の”オネーサン”を見つけるとまたまた大喜び!

温泉に到着し、車から降りたときのベアーズの第一声。

「うん×の臭いがするよ」  ―硫黄のにおい!初めて嗅ぐと衝撃だよね。

ダンナは硫黄のにおいに驚いている3人を
構わず旅館の中へ。
500円+タオル代150円を払って、いざ温泉へ!

温泉に入る前に3人にとってまた不思議なことが。
脱衣所で勢い良く素っ裸になる日本人を見て

「なんで、みんなのいる所で脱ぐの?」

ダンナは「ONSENだから」。
3人は「ホモか?」と。
ダンナは「いいから、脱げーっ」と言い残し
さっさと洗い場へ。
       
洗い場で体を洗っているダンナにベアーズからまたまた質問。

「どうして隣で体を洗うの?」

ダンナはまたもや「ONSENだから」と答え
ベアーズも「ホモ?」と。  ―ダンナ、話作ってるだろ。

さて、やっとのことで温泉に浸かると
再び、

「うん×の臭いがする」と。

その臭いのせいか、波が立つたび
お湯が顔につかないようにと、必死だったようです。

そしてさらに悲劇?が。
3人のすぐ近くにオジサン達が入ってきた。
3人は大慌てで湯船から出て脱衣所へ非難したそうです。
―なぜかというと、ダンナの言葉を借りると
“全開状態”がモンダイだったらしいのです―

日本人なら当たり前に受け入れる状況だけど
ベアーズ達にとっては、もうすべてが
“アンビリバボー”だったみたいです。

そんな3人をよそに、ダンナはひとり
どっぷり湯に浸かって久々の温泉を満喫したようです。

って、それってやっぱりダンナが楽しみたかっただけじゃんかぁ・・・


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ちょこっと思ったこと [一時帰国]

アメリカを発ち、日本に着くまで
私の頭は無意識のうちに英語で何と言うか、ということを
考えていた。
「空港で携帯電話を借りるときは何て言おう」とか
「荷物の宅配を頼むときは、えーっと・・・」などと。

成田はもう日本なのに、ね。

しかし、成田に着いてしまえば
日本語オンリーで済むわけで
頭の中から“英語で考える”ということが
あっという間に無くなった。

英語を忘れるのは驚くほど早い。
おまけに忘れたことにも危機感を感じない。
日本では英語で話す必要がまーったく無いわけですよ(私の場合はネ)。

そんな私だけど、私の体はアメリカの感覚を覚えていた。(なんのこっちゃ)
コンビニに入ろうとしたとき店内から出てくる人がいたので
ドアを開けて待っていたら、
その人はもう片方のドアを開けて出て行った・・・なにも言わず。
『あれー?サンキューはぁ?』とは思わなかったけど
ちょっと寂しかったなあ。

アメリカ人の“次の人のためにドアを持って待つ”という行為が
そこで出たわけです。
まあ、自分の後から入ってくるなり出て行く人がいる時は
アメリカ人に限らず誰でもドアを押さえて待っているのが普通だけど
アメリカ人のそれは、習慣というかマナーというか
本当に徹底しているので
ドアのあるところでは常に周りに誰かいるか気を遣うし
私も日本にいたときより、さらにそういうことを意識するようになった。
焦っているときなど時々周りが見えなくなる私にはいいことかもしれない。

ドアつながりでもうひとつ。
アメリカはレディーファーストだから
男性がドアを開け、女性が先に入る。
これがウチら夫婦の場合はなかなか難しかった。

なんせダンナは常に私より前を歩く。
どんどん歩く。
お店に入るときも、ドアをガバッと開け自分から先に入っていく。
私は私で、誰かの後ろを歩くほうが好き。
自分が前にいると、後ろが気になっちゃってダメ。
そんなふたりだから、アメリカでも
ドアをダンナが開け『私を入れてくれるのか』と思いきや
ダンナが勢いよく店内へ・・・ということがよくあった。
途中で気付いて、ドア付近であたふたしたことも(格好悪~)。

最近はお互い慣れてきたけど
私は別にレディーファーストが心地良いとか思わないな。
私達には前のまんまが一番だね、きっと。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ベアーズ、ビジネスホテルに [一時帰国]

ダンナたちは東京ビジネスホテル宿泊
3人はホテルのあまりの狭さに固まったそうです。
「どこ歩くの?」って。  ・・そりゃ、大袈裟だろ

そして部屋に入り見つけたのはウォシュレット!
「何に使うの?」「どう使うの?」の質問に
ダンナは、実演で教え(パンツははいたまま)  ・・当たり前です
それから、「ビデは押すな」と教えたそうです。  ・・ダンナが使ってそう?・・意味無いし

次の日感想を聞いたら
”very clean、I love it!”だったそうです。

そうだよね、ウォシュレットってご丁寧にお尻の汚れを洗い流してくれるんだもんね。

メキシコにある工場のトイレの話をダンナから聞いたときは
驚いてしまった。
メキシコは水が貴重なため、水洗トイレでも
使ったトイレットペーパーは大便などと一緒に流さずに
隣に置いてあるゴミ箱に入れるそうだ。
ゴミ箱は使用済みの紙でいっぱい。
その工場は、アメリカから車でたった20分ほどしか走らない距離なのに
そんな状況だなんて。

日本、アメリカ、メキシコと様々な環境で育った4人(ダンナとベアーズ達)が
それぞれの目で見るそれぞれの国。
きっとたくさんの発見があるだろう。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ベアーズ、両替 [一時帰国]

成田に着いてやらなければならないことはまず両替。

日本はまだクレジットカードを十分使える環境ではないから
ダンナは「ある程度まとまったお金(現金)を持ってくるように」と
おおよその金額も外国人には話しておいたそうなんだけど...

Mさんは全額両替しなくても
余裕があるくらい持ってきていたらしいけど
ベアーズのひとりは、(日本円に換算して)かなりビックリの1万5千円弱!

さすがにそれは厳しいっ。

でもこういうことは人それぞれだし、
色々な事情もあるから、なんとかこれでやりくりするしかないわけです。

明日からダンナ達は東北へ移動なので
エアポートリムジンに乗り込み、東京へ。
私は成田でみんなと別れた。
再びみんなと合流するのは30日(土)。

約2週間、仕事で来ているんだけど
様々な珍道中が繰り広げられそうな予感。

せっかくの日本、いろいろな体験が出来ればいいなと思う。
ダンナは仕事もプライベートもずっと一緒で大変なこともたくさんあるだろうけど
ベアーズ達の為にがんばれ~っ!

私もまずはダンナの実家で頑張ってくるよ(苦笑)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

涙出ちゃうぅ・・・ [一時帰国]

アメリカに来て7ヶ月。
大変なことや不安なことは多いけど
今まで“日本に帰りたい”と思ったことは
一度も無かった。

昨年の12月、
『私の住むところはアメリカ!』と強く意識して
生まれて初めてひとりで飛行機に乗り(大袈裟だけど)
ダンナのいるココに来た。

アメリカに来てみると、
すごーく遠くに来ちゃった、という感覚は不思議と無くて
ホームシックにもならず
まわりの人に助けてもらいながら
楽しく過ごしてきた。

そんな中、
急に決まった日本一時帰国。

アメリカに来てからたった数ヶ月でのあまりに早い一時帰国なので
嬉しい!という気持ちよりも
一時帰国の後、アメリカに戻るときに
自分がどういう気持ちになるか(なってしまうか)という
不安のほうが大きかった。

それでも出発日が近づくにつれだんだんと
不安から楽しみに変わっていった。

そして出発当日。
国内線の飛行機が離陸し、窓からアメリカの街が見えたとき
ふと『あー、国際線に乗って降りるときに見える景色は
日本なんだぁ』と思ったら、ぶわっと涙が...。

自分でも『へっ?』て思っちゃった。
今まで泣けちゃうことなんて無かったのに、
なんで涙が出るんだろう???

で、それを計4回繰り返してしまいましたー。
(国内線離着陸で2回、国際線で2回、と)
最後に成田に無事に着き、
通路側の席から空港の景色が見えたときは
本当に嬉し涙。

アメリカと日本の距離なんて大したこと無い、って思っていたのに
日本に着いてみると、
今日本に居る!ということが何だか不思議で信じられなかった。
そして、とにかく嬉しかった。
こんなに嬉しい気持ちになるなんて思わなかった。

あたし、ひょっとしてアメリカですっごく頑張っていたのかも?
―そういえば、ダンナも以前同じようなことがあった。
  車で3時間のメキシコ出張の際、初めて日本のCDを聞きながら運転していたら
  急に涙がドバーッと出てきたらしい。次から次へと。
  ダンナもなぜ涙がでるのか訳が分からなかったそう。
  私もダンナが泣いたなんて驚いた。
  今まで日本国内だけだが、いろんな場所で生活、仕事をしてきた人なのに。
  『私の想像できないくらい苦労して必死に頑張っていたんだなー』とそのとき思った。 

あたしも自分では気付かなかったけど
相当気を張ってアメリカで頑張ろう!って思っていたんだ、きっと。

珍しく、『よく頑張った、偉いぞぉ』と、自分を褒めてみた(笑)

アメリカに戻るときにはどうなるのか?・・・。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ベアーズ、日本上陸 [一時帰国]

空港で会ったメキシコ人のふたりはいたって普通。
オトボケ、ズッコケキャラでは無く、
笑顔の優しい、きちんとしている感じの人たちだった。

荷物はというと、ちゃーんと大きいスーツケースを持ってきていた。

スポーツバッグの話を聞いたときは
『本当にそれで用が足りるのかもね』と思ったのだけど
今日のスーツケースを見ると、
絶対スポーツバッグなんかじゃ足りない、“これでもか”っいうくらい
色んなモノを詰め込んできたような満タンデス!状態。

さて、朝6時半過ぎのフライト
Dallasで乗り継ぎがあって、
日本到着は翌日の午後12時半過ぎ。

私を含め、5人とも無事に日本に着きました。

初めて日本に来た外国人3人は、
早くも日本の湿気にビックリの様子。
私とダンナは久々のジットリした重ーい空気にグッタリ。

3人にとっては初めての日本。
彼らの目にはどう映っているのだろうか。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

がんばれ!ベアーズ [一時帰国]

“がんばれ!ベアーズ”とは、映画タイトルでは無く
今回の日本出張にダンナと一緒に行くことになっているメキシコ人2人のこと。
それと同僚のMさんの計4人で日本へ2週間の仕事に行くわけです。

なぜメキシコ人の2人がベアーズかというと
ダンナ曰く、映画同様、愛すべきキャラなんだそう。

日本への出張が決まり、ふたりがダンナに
「持っていくバッグはこれでいいか?」と聞いてきた。
ダンナがどれ?とふたりが持っているものを見ると

ダンナ:へっ?????(目がテン!)

メキシコ人:へっ?!(ビックリ顔!)

なんと

すぽーつばっぐ!!! 

ありえねぇーっ!2weekだぞーっ!・・・
    
2週間も海外に行くっていうのに
スポーツバッグを持ち出してくるあたり、只者じゃない。

ダンナが出張に何が必要かを話したら
納得した顔で仕事場に戻ったらしい。

出発の日、ふたりはどんな格好で現れるのだろうか?
私も初めて会うので楽しみ。

ベアーズの日本出張はまさに
『 THE BAD NEWS BEARS GO TO JAPAN 』

英語がまだ不自由なダンナと主にスペイン語のメキシコ人2人、
コミュニケーションをとるのも一苦労。
ジェスチャーや表情で必死に気持ちを伝えようと
お互い頑張っている3人。
みんなベアーズかもね。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

明日出発 [アメリカ暮らし]

明日、日本へ出発の予定。

昨日久しぶりの雷と雨が降り、
今日もちょっと曇っていた

今日は私達が住んでいる町の景色と
家の中をビデオに撮った。

日本にいる家族はどう思うかな~?
ビデオの映像だけじゃ伝わらないだろうけど
家は立派でも生活するって大変なのデス。

約半年振りの日本。
日本が恋しいとか帰りたいっていう気持ちは
まだ無かったけど家族や友達に会えると思うと
やっぱり嬉しいね。

ダンナは日本へ行っても出張続きで
実家にも寄れない。
ダンナも両親もかわいそう。

日本での2週間、ダンナの実家、自分の実家、
友達と会って、美容室にも行って、
買い物もして・・・と、てんこ盛りで
すでにイッパイイッパイなんだけど
ダンナの分も頑張らないと!

2週間もほったらかしになってしまう
我が家の芝生も心配。

ま、あまり色々考えずに
一時帰国を楽しんでこよう。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

防犯 [アメリカ暮らし]

日本への一時帰国で2週間家を空けるので
防犯のため、タイマーやルームランプを買った。

部屋の明かりはルームランプと
コンセントに差し込むタイマーを使い
点灯、消灯時間を設定すれば完了。
タイマーは5ドルくらいでスーパーでも買える。

玄関灯はどうしよう、と思っていたら
ホームセンターでタイマーを入手できた。
スイッチパネルをはずさなくてはならないけど
これが思ったより簡単にセットでき、
時間通りに点いたり消えたりする。

ずっと心配だった家の防犯が、これでひとまず安心。
2週間はちょっと長いけど、どうか何も起こりませんように。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

遊園地 [遊ぶ]

San AntonioにあるSix Flagsという遊園地に行ってきた。

ここは絶叫系マシンがたくさんあって
私には楽しめそうに無い場所なんだけど
ダンナと上司はジェットコースターに乗りたかったようで
3人で出掛けた。

園内はジェットコースターばかり。
見てるだけでクラクラしてくる。
私は“速いもの”“高い所”がダメなので
乗れるものがありません!
ずっと見てるだけだったけど、
園内は割と雰囲気が良くて楽しめた。

最後に私でも大丈夫そうなお化け屋敷かと思ったアトラクションに入ったら
何と!これまたジェットコースターで
これがすんごい勢いでスタートすんの。
「無理、無理、無理ーっ」と逃げようとしたが
「大丈夫、大丈夫」という上司のお言葉に
仕方なく乗り込む。

ピ、ピ、ピーーーッ。 ゴォォォーーーー。
「ギャァァァーーーーー」
  
 ・・・・・・・・・・・・・

涙が出ました。今まで乗ったジェットコースターの中で
一番怖かったです。
こんな恐ろしい乗り物に乗っているのに
笑顔で写真に写っているダンナと上司が信じられません。

乗ってしまえば、経験しないより経験できたことは
良かったと思うけど、もう二度と乗らないっ。

ジェットコースターが好きな人は
乗ってストレス発散できるそうだ。
私には有り得ないことだけど
ちょっと羨ましいなあ。

今度は上司とふたりで遊んできておくれ。
私はシーワールドにでも行こうかな。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ウチの庭その3 [アメリカ暮らし]

ダンナが珍しく早く帰ってきたので
夕食を食べてから芝生の雑草抜きと水やり。
しっかし、全然雨が降らず、芝生は元気の無いまま。
隣家との差が歴然・・・。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンで [その他]

同時多発テロ。
本当に恐ろしいことです。

10年くらい前に友達と行ったロンドン
確かユーストン駅の近くのホテルに泊まり
そこから大英博物館、ナショナルギャラリー、トラファルガー広場
などなど、のんびり歩いて観光した。

当時、東京の地下鉄はさっぱり分からず
ひとりで乗れなかったのだけど
ロンドンの地下鉄(チューブ)は私にはとても分かり易く
私の“地下鉄デビュー”の場所にもなった!

公園の紅葉もとてもきれいだったし
町並みも、人々もすべて気に入った。
いつかロンドンに住みたいなー、と思った。

その町でテロが起きてしまった。
当時一緒に行った友達も驚いてメールをくれた。

どこにいてもテロが起きる可能性はある。
本当に恐ろしい世の中になってしまった。
いつまでものんびり歩いていたいのに...。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハウルの動く城 [遊ぶ]

今日は独立記念日
アメリカにいると祝日などをすごく意識させられる。
今日はどんな日か、どんなことをするか、って。

ま、それは置いといて
初めて映画館映画を見てきました。

『Howl's Moving Castle』

感想から言うと、よく分からなかった。
英語のせいもあるけど、たぶん私の頭が固いんだろうなあ。
画はやっぱりきれい。
日本のアニメは素晴らしいと思う。

マチネー料金で$6!
安いですなー。
この金額で大画面で見れるのだから
意味が分からなくても大満足。
まあ欲を言えば、キムタクのハウルを聞いてみたかったけど。

残念なことは、客席がガラガラだったこと。
最初は貸切か?、と思っちゃった。
子供連れは居たけど、子供達は
この映画をどう見たんだろう。

ダンナは面白かったようだ。
でもやっぱり日本語で見ないと・・、って。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

メキシコで結婚式~その後 [体験]

結婚式パーティー)は夜の9時からなので
9時前に会場に着き、
他の招待者と同じように
プレゼントを用意されていた台の上に置く。

アメリカメキシコの結婚式は
ほとんどダンスパーティーのようなものらしい。
会場もテーブル椅子はもちろんあったが
広ーいスペースがあり、
曲がかかるたびに、みーんなで踊る。

普段、超ポジティブなダンナも
ダンスはやったことないから、
一度も踊らず見ていたとのこと。

ダンナは工場長と奥さんの3人で行ったのだが
この奥さん(私をカジノに連れて行ってくれたママ)が
めちゃめちゃ元気で、
ご主人(工場長)はテーブルでおとなしく見ているのに
ママは踊りまくっている。

ダンナが携帯電話のカメラでパーティーの様子を撮ってきたので
それを見せてもらったけど
ダンス、ダンス、ダンス!!!って感じ。
さらに招待客の中に、
いかにも“メキシカ~ン”な帽子(とんがり帽子で広く大きいつばがあるやつ!)を
かぶっている人がふたり!
・・・この帽子をかぶっている人は何かの罰ゲームだったらしいけど。

結婚式のダンス以外の内容はダンナもあまり覚えていないみたいで...
新郎、新婦に挨拶して、写真を撮ってもらって
ダンス、食事、っていう感じかな。

そして、午前1時半頃パーティー終了。
ダンナは工場長夫妻にホテルまで送ってもらったのだけど
途中、工場長の息子の家の前を通ったとき
息子たちも家で深夜までパーティーをしていたらしく
ママは庭に出ていた息子達を見つけ(“イエーイ”みたいなことを)突然叫んだ。
ご主人が「静かにしろ、深夜なんだから」と言ったら
ママは
「人生は一度きりよ!楽しめるときに楽しまなくちゃ!」(みたいなこと)を言ったらしい。

うーーん、すごい!

ママが言った言葉ももちろんだけど
ご主人に注意されたときにそういう言葉が出るなんて...
(私だったらただカッチーンとくるだけだろう)

ダンナは今まで何度かママに会っているが
今回は強い感銘を受けたようだ。
「なんといっても今回のヒットはママだよ」と。

ダンナから話を聞き、ママに会って同じ感情を持ったことを
嬉しく思った。
本当に素晴らしいママなのです。

結婚式もとても貴重な体験だけど
素敵な人に出会えたこと、ってやっぱり一番嬉しい!





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

メキシコで結婚式 [体験]

なーんと、ダンナがメキシコ人(会社関係)の結婚式
招待された。

アメリカに来る前は
『数年間の駐在中に結婚式なんて呼ばれるわけないだろう』と
思っていたのに
アメリカ上陸たった9ヶ月で招待状を受け取ってしまったダンナ。
それもスペイン語・・・。

いちおう夫婦で招待されたのだけど
私はスペイン語はまったく出来ないし、
お祝いの席でぽつ~んと黙っているのも
さすがに気が引けるので、申し訳なかったけど辞退しました。

メキシコの結婚式ってどんなのー?と
ダンナも私もまったくわからず。

ダンナ「とりあえず、ハデにいく!」
もーすけ「ハデってゆーことは、私の嫌いな濃い色のシャツ着ちゃうわけ?」
ダンナ「もちろん」

あんまり地味だと反対に浮いちゃうかなとも思ったので
今回はダンナの言うとおりにハデ目のシャツ&ネクタイを用意。

ダンナ希望の濃紺のシャツを購入。
ネクタイは以前同僚からもらった海外土産の
“リスとどんぐりと不思議な柄”が入っているものを選んだ。
      ↑
   これはダンナが選んだ

このネクタイ、なぜかダンナはすっごいお気に入り。
日本で着けると『ど、どうなんかねぇ』と思ってしまうのだけど
こちらで一度だけ会社にしていったら
「Cool!」って言われたらしい。・・・・・私の頭ん中???????デス

そのシャツ&ネクタイにスーツ、という格好。
うーん、どうなんでしょ。
でも本人がそれでいいならいいか。

ダンナはプレゼントを持って、メキシコへ向かった。

結婚式は夜の9時から始まり深夜2時くらいまでだそう。
どんな経験してくるんだろう、と私もワクワク

      明日へ続く・・・・。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ゴミ収集 [アメリカ暮らし]

今日はゴミ収集日。

二人暮らしなので、いつもゴミ袋は1つ。
しかし、今日は先週末の草むしりで出た“雑草のみ”のゴミ袋2つも追加。
いつも朝8時前後に玄関前に出し、
午前中にはゴミ収集車が来る。

今日は芝刈り業者が来る日でもあり
9時頃、玄関前に車を止め、前庭の芝を刈り始めた。

芝刈り業者が来ると私はブラインドを閉め
家の中でじっとしているんだけど
様子をちょこっと見てみようと
玄関の覗き窓から覗いたら
なんとウチの前をゴミ収集車が素通りして行った!

ちょ、ちょ、ちょっとぉぉぉ、どーしてーっ!!

なんであんなでかいゴミ袋に気付かないのよぉ。
3つも出てんのよ。
アホかっ。
ゴミ収集の人が芝刈り業者の車の陰でゴミ袋が見えなかったとしても
芝刈り業者はゴミ袋があるのは分かってるはずで
フツウは「ここにゴミあるよー」って言うでしょ。
ごみ収集車に気付かなかったとは言わせないっ。
収集車はデカイんだから!
あぁ、信じられん。
日本じゃ考えられないことだっ。

###アメリカに来てから生ゴミはゴミに出す日まで
冷凍しています。気持ち悪く思われるかもしれませんが
これが意外に良い方法だと思います。
魚はほとんど切り身(内臓無し)のためか
気持ち悪いゴミ(笑)があまり出ないのです。
冷蔵庫も冷蔵と冷凍が左右で分かれているので
冷凍庫の一番下に入れています。
たまーにディスポーザーも使います。###

ということで、
せっかく冷凍しておいた生ゴミが、もう解凍されちゃってるし
また冷凍庫に入れるなんて考えられないでしょ。

うわぁ、こんなクソ暑い時期に来週の火曜日まで生ゴミを置いておくなんて
イヤだーっ。

ダンナが帰って来てから、今日のこと話したら
「ほんっとアメリカ人って周りのこと気にしないよなー」と呆れて言った。
ま、全員がそうでは無いんだけど...。

自分が収集車を引きとめればゴミは持っていってもらえたんだろうけど
今回はとにかくいい加減なアメリカ人にムカついちゃったんで...。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。